【岩出市暮らし】和歌山のソウルフード?謎深まる「てんかけラーメン」の秘密に迫る

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

生まれ育った東海エリアのソウルフードといえば「スガキヤ」です。「スガキヤはラーメンではない!スガキヤという新たな食べ物だ!」と思っています。

もちろん岩出市にはスガキヤはありません。しかし岩出市民の、いや和歌山県民(北部)のソウルフード疑惑をもつ「てんかけラーメン」なるものをスーパーで見つけました。

「これは調査が必要だ!」と早速調べてみました。

てんかけラーメンってなに?

ふらふらと岩出市のスーパーを歩いていると、生めんコーナーに気になるラーメンを発見。

見たこともないパッケージ。しかしその存在感は生めんコーナーの中心を陣取り「俺がてんかけラーメンですが何か?」と言わんばかりです。

つい手を伸ばしパッケージを熟読。気になる点は2つ。

  • CPP
  • 和歌山県和歌山市出島で製造

CPPは謎だが、和歌山県で製造されているということは「和歌山ラーメン」だろうなと購入。

しかし「天かす」が入っていることに違和感を感じ調べてみると、どうやら私の知っている和歌山ラーメンとは違うようだ。

聞きなれない「グリーンコーナー」がポイントとなりそう。

そういえばあちこちにグリーンコーナーの文字が

岩出市のショッピングセンターを巡っているとあちこちで「グリーンコーナー」の文字をみることを思い出しました。

てんかけラーメンをまとめるとこう。

  • 和歌山県のフードコートでよく目にする「グリーンコーナー」で「てんかけラーメン」は食べることができる。※東海エリアでいうところのスガキヤ?
  • グリーンコーナーは老舗お茶屋さん「玉林園」が経営している。
  • グリーンソフトも人気らしい。

これは岩出和歌山市民のソウルフード確定ということだろう。

さらに「秘密のケンミンショーでも紹介された!」なんて情報も。どおりで「どこかで聞いたことがあるなぁ」と納得しました。

ちなみに「和歌山県のソウルフード」ではなく、あくまでも和歌山県北部のソウルフードかと。和歌山県南紀エリアではいっさい「グリーンコーナー」はありませんからねー。

ネットでも買えますよー。和歌山ソウルを感じたい人はぜひ。

てんかけラーメン 6個入り 送料無料 和歌山 特産 ラーメン生ラーメン グリーンコーナー 和歌山らーめん 6食セットてんかけラーメン 麺 生麺 生めん 昔 なつかしい 送料込み産直商品 お取り寄せ 和歌山ラーメン

感想(1件)

和歌山ラーメンとはまた別物

トッピングが攻めてる!

開封すると「和歌山ラーメンとは別物」ということがわかります。

その理由はトッピングを見れば一目瞭然。

  • わかめ
  • 紅ショウガ
  • 天かす

なかなか攻めたトッピングですね(笑)。完成したてんかけラーメンはこんな感じ。

あっさり和風スープのてんかけラーメン♪

※ネギも追加しました。

麺はストレートでスープはあっさり。トッピングの天かすや紅ショウガが良い感じでアクセントになっています。

美味しいのは美味しいです。ただやっぱり「醤油とんこつの和歌山ラーメン」とは別物ですね。

しっかりとした醤油とんこつをイメージしていると肩透かしをくらいます(笑)。

私にとってスガキヤが「スガキヤという名の食べ物」であるのと同様に、岩出和歌山市民にとって「てんかけラーメンという食べ物」なのかもしれません。

ソウルフードってそんなもんですよね(笑)。

今度グリーンコーナーで実際食べてみようと思います。岩出和歌山市民の魂を感じてみよう。

まとめ

てんかけラーメンの謎に迫ってみると、岩出和歌山市民の歴史を感じることができましたね。←大げさ

ふわふわと住む場所を変えていると、こういった「ソウルフード」に出会えるのも楽しいです。

理由はまだ調べていませんが「柿の葉寿司」の看板もよく見るんですよねー。柿の葉寿司も岩出市民のソウルフードかもしれません。

5年以上「スガキヤ」を食べていないなぁ。ちょっと地元が恋しくなりました(笑)。

現場からは以上です。

(生めん)Sugakiyaラーメン6食セット

感想(1486件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です