【岩出市暮らし】市民農園は草を抜くのも楽々だった!その理由とは

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

目覚めと共に全身に稲妻が走ったような痛みが…

本日絶賛筋肉痛です(笑)。

理由は明白、昨日岩出市で借りた市民農園の草ぬきをしてきたからです。

全身が筋肉痛ですが「大変だったか?」と聞かれれば「楽だった」ですねー。

その理由は「誰かが使ってくれてた」ことに尽きます。

畑を始める最初の壁「草ぬき」

岩出市で初めて市民農園を借りたので、他の市民農園がどのように管理されているかはわかりません。

ただ岩出市の市民農園では、空き区間の草は役場の人が定期的に草を刈っているようです。

といっても温かくなってきたこの時期です。雑草も元気モリモリ。

こんな感じで草だらけでした。

市民農園でも家庭菜園でも「畑を始める」なら草ぬきは避けて通ることはできません。

そして筋肉痛も避けることはできません。←運動不足

今までの畑と市民農園の違い

実際岩出市の市民農園で草ぬきをして感じたこと。それは「楽々じゃん♪」ということですね。

和歌山県南紀エリアで畑を始めた場所は、まさに「荒地」でした(笑)。

草は覆い茂り、ゴミが地中から発掘され、木の根っこがはりめぐり、ゴロゴロと大きい石が転がっていました。

このような荒地で草ぬきするのも大変で、1週間くらいかけて草ぬきしていましたね。

しかし岩出市の市民農園はちがいます。

草は「刈る程度」でメンテナンスされていたので、当然雑草の根は力強く張っていました。

しかしゴミや木の根、大きい石が地中から出てくるわけではなく、草さえやっつけてしまえばなんとかなる状態でした。

多くの市民農園はもともと農園だった場所を、メンテナンスできなくなった持ち主が市に貸し出しています。

雑草が生えてはいるものの、ゴミや石が少ないのは以前も畑として使われていたからですね。

くわでガツガツ草ごとおこす

筋肉痛不可避!

もともと畑だった場所といえども放置されていた場所です。手で抜けるレベルの雑草ではありませんでした。

ということで文明の利器を購入。こんなやつ。1500円くらいのやっすいやつです。

千吉 園芸用家庭鍬 1050MM

本当は3本の尖ったやつが作業しやすそうなんですけどね。

高儀 村国 家庭用 三本鍬

あまりお金もかけたくないので、これだけでやってみようかと。

思い返してみれば「農具」を買うのは今回が初めて。

今までは街の人が「好きに使っていいよ♪」と貸してくれていたので農具は一切持っていません(笑)。

これも「ど田舎」と「田舎」の違いかもしれませんね。

田舎暮らしといえば物々交換!その温かみある破壊力に震えた件

2018.03.22

そんな安物の「くわ」でガツガツと雑草の根っこごと掘り起こし取り除いていきます。

気になったのが土がやたら粘土っぽいこと。水分を含み塊で掘り起こされるので根っこから土を落とすのが大変です。今後どういった影響があるのだろうか。

同じ市民農園利用者が良い人で良かった

少し話がそれますが、草ぬきをしていると他の区間を利用している人が様子を見にやってきました。

市民農園を借りるさいに「隣の人がめちゃくちゃ厳しい人だったどうしよう」と心配していたんですよ。

「けっ!素人がちゃらちゃら耕してんじゃねぇよ!」なんて言われたら嫌だなと(笑)。

でも挨拶をして話をしてみると、市民農園の特徴や「水の確保」も教えてくれる。

市民農園を利用していない近隣の街の人も、軽トラから「もうお昼やで~♪」なんて声をかけてくれる。

この優しさに「やっぱりここは田舎だなぁ」と感じましたね。

いい場所に巡り合いました。安心して市民農園を楽しめそうです。

晩酌最高

草ぬきを「最初の壁」と書きましたが、悪い壁ではないですね。

太陽の下で土に触れ汗をかく。

翌日の朝は筋肉痛だけど、それは運動不足の証拠です。

のんびりと草ぬきをするだけで「健康」を取り戻せますからねー。

そしてなにより夜の晩酌が最高ですから。←結局プラスマイナス0

最近太陽の光浴びてます?汗流しています?

もし「運動不足で汗かいていないなぁ」なんてあなたは、市民農園を借りて草ぬきから始めてみるのもおすすめですよ。

まとめ

ゴミや大きな石、木の根っこなどが少ないというだけで市民農園を借りるメリットはありますね。

荒地から始めるのはエネルギーを使いますから。

だからといって「すべてが整えられた畑」というのも面白味にかけます。

ですので岩出市の市民農園はバランスのよい市民農園かもしれませんね。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です