【岩出市暮らし】岩出市移住の賃貸物件探しはアパマンショップで楽々クリアした件

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

ど田舎を卒業して便利な田舎「岩出市」に入学しました。

縁もゆかりもない土地への移住ですから、初めての人にとっては高きハードルです。

しかし一度経験してしまえば何度でも使える知識ですよ。

移住の高きハードル「家探し」について紹介します。

といっても今回の岩出市への移住は「アパマンショップ」で楽々に実現しました(笑)。そんなお話です。

田舎移住の鬼門「仕事」と「家」

「田舎に移住をしたい!」と考えていても「仕事」「家」の2大鬼門を打ち破ることができずに断念してしまう人もいます。

以前住んでいた田舎町では、実際にそんな人のお話を聞く機会もたくさんありました。

  • 田舎は仕事が少ない
  • 賃金が低い
  • 物件が少ない
  • そもそも仲介業者がない

どれもこれも事実です。

安定した生活を投げ捨てて、田舎に飛び込むにはハードルが高すぎますよねー。

でも飛び込んでさえしまえばなんとかなります。過去にこんな記事も書いています。

田舎暮らしの家探しってこんな感じ♪こうやって田舎で4回引っ越ししたよ

2017.06.17

まずは飛び込む。そこからが本当のスタートと思えばハードルは下がります。

便利な田舎なら安心

以前住んでいた陸の孤島「和歌山県南紀エリア」では田舎暮らし3級を体験しました。今思えばそれなりにヘビーな環境だったなと(笑)。

もちろんもっと山奥に入れば田舎暮らし2級、1級、初段、名人、免許皆伝、仙人と続いていくわけですけどね(笑)。

一言に「田舎暮らし」といっても幅が広すぎます。ですので「どれくらいの田舎暮らし」がしたいかをイメージしておくと失敗は少ないですよ。

田舎移住は「こんな生活がしたい!」とイメージを明確にしないと失敗するよ

2017.08.08

この記事で書いたように、ど田舎に移住しなくてもできることってたくさんあります。

個人的におすすめなのはやっぱり「段階」を踏んで田舎暮らしレベルを上げていくことですね。

つまり最初は「便利な田舎暮らしを目指す」ということです。

便利な田舎に拠点を作り、そこで情報収集、知り合いを作りステップアップしていく方法です。

遠回りなようですが、普通の人にとって結局これが最短ではないかなと。

意識高くガチな人はいきなり田舎暮らし1級にチャレンジしてください(笑)。

意識高い系の田舎移住ばかりが目立つことに違和感だらけな件

2017.06.15

まだ岩出市に移住して1週間ですが、岩出市は田舎暮らし8級くらいですね。めちゃくちゃハードルが低い移住を実現させてくれますよ。

その理由として仕事もあるし、「賃貸仲介業者」がありますからね。

ネットで検索できる

岩出市の賃貸物件はネットである程度検索できます。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-

和歌山県南紀エリアではこれができませんでしたからねー。これが田舎暮らし3級です(笑)。

移住前にある程度の情報を集めておけば、現地に足を運ぶ機会も少なくすることができますからね。

ちなみに私たちは1回しか下見に来ていません(笑)。2回目で部屋を衝動的に決めて3回目には引っ越し完了でしたから。

ほんとに右も左もわからず「岩出市よさそうだねー」「そだねー」くらいのノリで移住しました。

和歌山市は都会すぎる。でも紀の川市や橋本市だと海が遠すぎる。かといって有田川町だと関西国際空港、大阪まで若干距離がある。

だから「岩出市にしよう!」。これくらいの理由です。

ネットで賃貸物件が検索できるエリアというだけで実は移住って楽々です。

家賃の相場もつかめるし、近場になにがあるかも把握できますからね。

田舎暮らしのイメージができていればやることって少ないです。あとは飛び込む勇気だけですね。

アパマンショップのノボリがあちこちに出ている

ある程度の情報をもって岩出市を徘徊するとあちこちで「アパマンショップ」のノボリを目にしました。

アパマンがこのあたりでは一番物件が多いのかな~」なんてイメージを持ちましたね。

しかもノボリがちゃんとメンテナンスされていることもポイント高いです。

ボロボロの看板やノボリをつけている賃貸業者って「そんなもんなんだな」と感じてしまいます。

物件に対しメンテナンスがされているということは、その物件についてもちゃんと理解しているのかなーと好感が持てますよね。

ですので岩出市のアパマンショップは「信頼できそう」とメールで問い合わせをしてから足を運びました。

敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ

営業が地元の人でおもろい

岩出市のアパマンショップからの返信メールも丁寧。「安心して物件巡りができそうだ」と足を運んでみました。

担当の営業さんは女性で、めちゃくちゃサバサバしてる(笑)。

「おいおい大丈夫か?」と少し心配になりましたが話を聞けばめちゃくちゃ面白い。

地元出身の人なので「実際の住み心地」や「裏事情」までくわしく教えてくれます。

ある意味「田舎らしさ」がある営業さんで、都会の「業務遂行な営業」ではないのが新鮮でしたね。

岩出市で住み始めてスーパーの店員さん、ガス屋さんなど色々な人とお話しましたが、みなさんこんな感じ。やっぱり大阪が近いからサバサバしててノリがいいのかな(笑)。

何度も足を運ぶ費用もないので、できる限り沢山の物件内観をお願いしてしまいましたが「嫌なオーラ」を出さずに対応してくれました。

あ、この人なら借りていいなと感じ即決しましたね。

結局最後は人ですよ。

岩出市の物件は安い?

岩出市は人口増加している今どき貴重な街です。

なので新しい賃貸物件も続々と建設されているので、賃貸物件の選択肢は多々あります。

Twitterのフォロワーさんがこんなツイートをしてくれました。

このツイートにあるように、岩出市は家賃が全体的に抑え気味になっているのも嬉しいですね。

といっても以前は一軒家で30000円に住んでいたので最初は「駐車場が4000円か、、、」とためらいましたが冷静に考えればこんなもんですよね(笑)。

アパマンショップに一軒家の賃貸もありましたが、今回は決め手に欠けアパートにしました。

やっぱり家賃の低い一軒家は、街に溶け込まないと借りることはできませんねー。

これ田舎暮らしあるあるです。

まとめ

岩出市に移住するなら、岩出市のアパマンショップにお願いするのが安心で手っ取り早いですよ。

経験上アパマンショップは店舗によって当たり外れがありますが、岩出市のアパマンショップはおすすめです。

仲介料が発生するのは感謝料ですよ。見知らぬ土地で家を紹介してもらうのだから当たり前です。

その土地のことを知り、今後自分でできるようになればいいだけの話ですから。

まずは便利な田舎に拠点を持つ。岩出市の場合ならアパマンショップでまず「家」のハードルをクリアする。

これがスタートラインですね。

現場からは以上です。

敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です