なんだかんだで40代で年収400万稼ぎ生活できる人って「天才」でしょ!という話

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

「社会に忙殺されずに生きる方法はある!」と何度も書いています。本当にそう思っているから。

でも今回は逆の切り口です。40代で年収400万を稼ぎ生活できる人って天才だと思うんですよ。

皮肉でもなんでもなく、心からそう感じています。

だからこそ「そのまま突っ走れる人は下を見る必要はない!」と言いたいですね。

40代で年収400万円稼ぐということ

40代男性平均年収は495万円なんて情報があります。まぁこの手の情報はサラッと知っておく程度でいいです。

実際はガッツリ稼ぐ人と稼げない人の格差がありますからね。800万と200万の平均が500万ということです。

と言えども、まさに平均値レベルの年収400万円台の人も多いでしょう。

40代は働き盛り。なんらかの役職がつき、責任も若手と比べ重くなってきますよね。

プライベートでは2人目のお子様がすくすく成長し、マイホームの支払いも落ち着き始め「充実」した日々を送っているでしょう。

取引先、顧客、上司からの無茶ぶりに対応し、「あれ?ブラックじゃね?」なんてうっすらと気づきながらも「家族のために」と毎日通勤する。

まぁ私の想像ですけどね(笑)。

このエネルギーを持ち合わせているって時点で「天才」だと思うんですよ。私にはまねができません。

今の社会に溶け込んで、毎日休まず出勤し、年収400万円の仕事ができるって本当は誰にでもできることではないですよ。

忍耐力養われすぎ→なんでもできる

年収400万円稼ぐ40代って「何やってもできるんじゃない?」とすら感じます。

今の社会ってそれくらい「普通に生きる」ことのハードルが上がっているんじゃないかなと。

私がいつも言っている「社会に忙殺されずに生きる方法はある!」は、「レベルの高い普通からドロップアウトしても大丈夫!」ということです。

「普通に生きる」ことのレベルが上がりすぎていることに気づかず、「普通」にしがみつこうとするから「死にたくなる」。

それならいっそ「落ちちゃった先で生きる方法を探せばいいじゃん」って話です。「普通に生きる」とは別世界の話なんですよ。

だからこそ「普通に生きる」ことができている40代で400万円稼ぐ人たちは「天才」であり、「なんでもできるでしょ!」と感じてしまいます。忍耐力養われすぎでしょ。

下を見てはいけない

40代で400万円を稼ぐ人はめちゃくちゃすげ~~~~人なんです。

でも「これでいいのかな?」なんて不安を抱えて毎日を送っている人も多いですよね。

ネットで簡単に他人の生活を知ることができますからねー。

多種多様な生き方が生まれてくる中で、日々変わらぬサラリーマン生活を送ることに疑問を感じることでしょう。

でも下を見てはいけないんですよ。

魚は買うものじゃない!釣るものだ!」なんてことも良く言っていますが、買えるなら買ったほうが楽ですからね(笑)。

そのほうが生産者さん、販売者さんたちにもメリットがあるし、経済の循環にも繋がりますから。

経済を回すことができる才能をもったあなたは下を向かなくていいんですよ。

自信を持って普通に生きていけばいいんです。

まとめ

今日もタイムラインは「死にたい」や「仕事めんどくせぇ」が溢れています。

でもそんなツイートをしている人たちも、なんだかんだで400万稼いでいる「天才」なんだよなーと眺めています。

もったいないですね。その才能は大事に使っていくべきですよ。

40代で400万を稼いでいる人は、自信を持って今日を生きてください。

こっちはこっちで楽しくやりますから。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です