【田舎暮らし】ケーブルテレビを契約しなければ田舎はテレビが見れない件

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

ど田舎暮らしから卒業しようと、日々あれやこれやと契約解除、更新などの準備をしている毎日です。
「ど田舎暮らし」を卒業して「田舎暮らし」に入学しようと思うんだ

田舎暮らしといえども、「契約」に縛られて生活しなければならないのは同じですからね。

そのような中で、ケーブルテレビの契約に今さらながら疑問を感じてしまいました。

田舎ではケーブルテレビを契約しなければテレビが見れないことがありますよ。

まさに消費者

田舎移住をする前はテレビ無しの生活をしていました。

なのでテレビなんて「なければないでなんとかなる」ことは知っています。

と言ってもあればあったで見ちゃうんですよ(笑)。

奥さんもできたことだし、「テレビ無しでいいじゃん!」と自分の考えを押し付けすぎるのもどうかと思いますしね。

そんなこんなで、今ではテレビを部屋に置いています。

でもここでひとつ問題がありました。

田舎で4回引っ越ししましたが、今の家は「ケーブルテレビを契約しなければテレビが見れない!」物件だったのです。

生まれ育った実家を始め、今まで住んできた賃貸物件はすべてテレビのコンセントをさして、アンテナを繋げばテレビは見れました。なのでそういうものだと思い込んでいました(笑)。

お金を払わなければテレビが見れない。まさにカルチャーショックですねー。

とりあえずアンテナは立っていない物件なので、「そういう地域もあるんだな」くらいにしか思っていなかったんです。

なので月1080円で契約したわけです。

以前の記事でも書きましたがまさに消費者です。契約しなければテレビは見れません。文句を言ったところで自分の力でテレビが映るわけではありませんからね。

老害たちへ伝えたい!お客様は神様じゃない!実際あったクレーム激選3つを紹介

田舎はケーブルテレビ社会

多様な生活スタイルが生まれてきています。「テレビがなくてもいいや」という人も増えてきています。もちろん私もその中の一人です。

といってもまだまだ「テレビはあって当たり前」が今の世の中ですよね。

今住むエリアでは「テレビはケーブルテレビを契約しなければ見れない」と言われました。

ということは、このエリアのほとんどの家がケーブルテレビと契約しているということです。

田舎はケーブルテレビ社会ですねー。

もちろん「ケーブルテレビの有料チャンネルをみたい!」とか「ネットと合わせて契約する!」なんて人は都会にも多いでしょう。

でも田舎はそれ以前の問題ですからね。テレビ映らない問題の発生です。

アンテナを試せばよかった

といっても「ケーブルテレビと契約しなければテレビが見れない」という話しを鵜呑みにしてしまった感はあります。

本当に映らないのだろうか。

先にも書きましたが恥ずかしながら「テレビはコンセントをさしてアンテナ線を繋げば見れるもの」と思い込んでいましたからね。

現に今までは見れていましたから。

調べてみると結局「アンテナ」があって「受信できるかどうか」ってことなんですよね。

  • 実家はアンテナを立てていたからコンセントをさしてテレビ線を繋げば無料で見れた。
  • 今までの賃貸も同じく、集合住宅自体にアンテナがあったから無料で見れた。

こういうことです。知らなかった。恥ずかしい。

では「アンテナを立てればケーブルテレビと契約しなくても見れたのか?」ということなんですよね。

そこで出てくるのが「地デジ難視聴地域」というやつです。

今住んでいる場所が「地デジ難視聴地域」だからケーブルテレビと契約しなければテレビが見れないよということです。

でも調べていくうちに「アンテナを立てれば見れたんじゃない?」という疑惑を今さらながら持ってしまいました(笑)。

新築の家なんて近所にはありませんからね。みんなケーブルテレビを契約しているようです。それが当たり前になっているんです。

だから「ケーブルテレビを契約しなければテレビは見れない」と伝えられたのかもしれないなと。

解約しようとして気づいたのですが、ケーブルテレビを契約するって結構お金がかかるんですよ。

  • 2年縛りの契約で工事費無料(2年以内の解約で違約金として工事費15000円)
  • 月々1080円(地元の番組1チャンネルのみ視聴可能)
  • 解約金10800円(解約時期問わず発生)

今回私は2年以内での退去なので違約金15000円+解約金10800円が発生します。

加えて月々1080円を見ない地元チャンネルのために支払い続けてきたわけです。

そう考えると、ちゃんと調べて「アンテナを自分で立てる」というチャレンジもあったかなと。

「テレビを映すためだけ」にこれだけのお金がかかるのですから。さらにNHK料金もありますからね。

アンテナも意外と安いのもあるし。

室外 HD テレビ アンテナ ANTOP 地上デジタル フラットパネルアンテナ UHF対応 平面・TVアンテナ 全方位受信 5M同軸ケーブル 防水外観 抗UV 屋根裏用/RV用 設置簡単

これなんて「田舎でもちゃんと映ってます」なんてコメントもあるし(笑)。

引っ越しで使わなくなったら売ればいいだけです。

地元チャンネルに1080円の面白さがあればいいんですけどねー。

NHKより見ない(笑)。

これが現実です。

もちろんテレビを映してくれるために、作業者さんが工事をしてくれる手間暇にお金がかかるのは理解していますよ。

ただ回避できる手もあったかなという話です。

まとめ

我が家は携帯が圏外です。そういった場所なので「本当にケーブルテレビを契約しなければテレビが見れない!」という可能性もたしかに高いです。

でもいざ解約するために、万単位のお金をさらに支払うのかと考えると「もう少し調べてもよかったな」と感じますね。

そのおかげでこの一記事が書けたのでよしとしますけど(笑)。

田舎移住をお考えなら、こういった事例もあることを知っておいていいですね。特に私と同じように「テレビはコンセントをさしてアンテナ線を繋げば見れるもの」と思っているあなたは特に注意です。

田舎は本当にお金がかかります。

【田舎暮らし】年収150万円で田舎暮らしは可能なのかを検証

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です