【堤防釣り】真アジ青アジ(マルアジ)の違いは何?どちらのアジがおいしいの?

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

今日もケチ釣りを楽しんでいますか?

ケチ釣りといえば、やっぱり堤防からのサビキ釣りでアジ狙いです。

そんな堤防からのサビキ釣りをしていると、2種類のアジが釣れることが判明しました。

となりのおじちゃん情報によると「青アジやな!」とのこと。

気になったので真アジと青アジの違いを調べてみました。

堤防から釣れるアジの種類

堤防から釣れるアジはほとんどが「真アジ」です。

しかし、そんな真アジに混ざり、似ているようで「なんか違うアジ」が釣れることが多くなってきました。

その正体が青アジです。マルアジとも呼ばれているそう。

地元の釣り人は「味が悪い!」と厄介者にしている人が多いようですねー。

しかし私にとって「食える魚」であることには違いないので調査してみました。

はたしてどれほどの差があるのだろうか。

真アジと青アジ(マルアジ)の違い

いつものようにサビキ釣りで安定の真アジを釣っていると、少し強めのあたりがグッときます。

「お、ちょっと大きめのアジかな?」と釣り上げると大きさは真アジとほぼ同じ。

背中が少し青みがあり、真アジと比べると丸みのある身体です。

海面をみると上層に群れで現れたアジが青アジのようです。まとめるとこんな感じ。

  • 引きが真アジよりも強い
  • 背中が青みがある
  • 真アジより身体が丸みがある
  • 上層に多い

実際比べてみましょう。

これが真アジ

画像悪くてすんません。

そしてこれが青アジ。

口がぱか~っとなっているのはご愛敬。

尻尾付近にあるギザギザ(ゼイゴ)にも違いがありますねー。真アジはゼイゴが曲がってるのに対し青アジは直線です。

尻尾近くのヒレにも違いがあります。真アジにはヒレがないですが青アジにはあります。

実際さばいてみるとこんな感じ。

うん、わかりにくい(笑)。左が青アジです。身も青アジの方が濃い色をしています。

これは紫外線から身を守るために変色しているそうだ。生命の歴史を感じますねー。

真アジと青アジどちらがおいしい?

さて気になるのはその味です。

地元の人が「味が落ちる」と厄介者に認定している青アジの味はどうなのか?

結論からいえば「美味しい!」です。

時間がたてば味に違いが出てくるのかもしれませんが、釣る、さばく、食べるの流れが1時間で完結する環境ではほとんど味の違いは感じませんね。

海の近くに住むって幸せです。

海のそばに移住して田舎暮らしをするってこういうこと

地元の人は贅沢だ。味の違いが判る大人には「味が落ちる!」となるかもしれませんが、きっと普通の人には問題なく美味しい魚ですよ。

これは刺身だけでなく、焼いてもフライにしても同じです。

青アジのほうが水分が若干多いように感じますが「だからなに?」ってレベルですね。

どうしても気になるなら真アジと混合して「なめろう」にすれば美味しいですよ。

釣るなら青アジ

実際に食べてみて「青アジでもうまい」という結論を得ました。

基本的には大き目の真アジを狙って下層を狙いますが、いまいち釣れないときってあります。そんなときはいっそのこと上層にいる青アジを狙うのも楽しいですね。

というのも青アジの方が引きが強いので「釣っている感」が真アジよりあります。

それこそアジングをするなら「青アジのほうが楽しい!」と釣具屋の店員さんも言っていました。

真アジがいなくても青アジならいる!なんて状況もありますからね。

確実に釣果をあげ、食材をゲットするなら青アジを狙うという選択肢もありですね。

まとめ

食材の調達をするために釣っていますからね。別に真アジでも青アジでも関係ありません。

実際食べ比べてみても大きな差があるわけではないですから。

真アジがダメなら青アジを釣る。釣れた方をありがたく食べる。これでいいじゃないか。

と言いながらもやっぱり青アジは「泳がせ釣り」に使用したり、切身にしてガシラ狙いの餌になることが多いですけどね。

せっかく釣れてくれた青アジを無駄にすることはないですよ。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です