【裏話】喉の痛みにペラックT錠?口内炎にトラフル錠?実は裏があるんです

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

今回は登録販売者ネタです。

「喉の痛み」「口内炎」になってしまったあなたへ豆知識を授けようじゃないか。

薬箱に以前購入したトラフル錠かペラックT錠のどちらかが残っていませんか?

今回の一般市販薬の裏側は「トラフル錠、ペラックT錠は一緒だからとりあえず飲んじゃえ」って話です。

口内炎、のどの痛みが悩みなら

風邪のひきはじめに出やすいのどの痛み。体調が悪くなると出やすい口内炎。

辛いですよねー。だれもが「早めに治してしまいたい!」と強く思うものです。

特にのどの痛みや口内炎は食事に支障がでますからね。これは大きなストレスになりますよねー。

のどの痛みも口内炎も基本的に「炎症」が原因です。

のどの痛みや口内炎の症状が出やすい人なら、トラフル錠やペラックT錠のお世話になった人もいるんじゃないですか?

  • のどの痛み
  • 口内炎

どちらかの症状が発症したときに薬箱をチェックしてみてください。トラフル錠、ペラックT錠のどちらでもかまいません。以前購入したものがあれば飲んじゃいましょう。

トラフル錠とペラックT錠の裏側

のどの痛みにペラックT錠、口内炎にはトラフル錠といったイメージを持っている人がほとんどでしょう。

ペラックT錠は風邪薬コーナーに置いてあるし、トラフル錠は皮膚薬の口内炎の軟膏付近で販売されているはずです。

しかしここからが登録販売者視点の一般市販薬の裏側です。

トラフル錠とペラックT錠の成分をチェックしてみてください。

まったく同じなんです(笑)。

  • トラネキサム酸750mg
  • カンゾウ乾燥エキス198mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)50mg
  • リボフラビン(ビタミンB2)12mg
  • L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンCナトリウム)500mg

しかも両方とも第一三共ヘルスケアの商品です。

つまりパッケージを変えて販売しているだけなんですよ(笑)。うまいことしますねー。

ですので「のどの痛み」、「口内炎」どちらの症状でも効果があるということなんです。

あなたが以前「のどが痛み」で購入したペラックT錠を、「口内炎」ができたときに服用しても効果があるってことです。

さらに言ってしまえば、同じ成分ということは特売商品を購入したほうがお買い得というわけです。

錠数を考えながらぜひドラッグストアやAmazonで比較してみてくださいね。

【第3類医薬品】ペラックT錠 36錠

【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

トラネキサム酸がポイント

トラフル錠、ペラックT錠の特徴はやはりトラネキサム酸ですね。

炎症の症状を改善する成分で、個人的に信頼度の高い成分です(笑)。

炎症によるのどの痛みや口内炎にグッドな成分で、総合風邪薬にも配合されていることがあります。

代表的なのはルルアタックEXですね。私もよくお世話になります。

【指定第2類医薬品】ルルアタックEX 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

少し話がそれますが、トラネキサム酸は美白効果もあるとされています。化粧品に入っていることもあるので、目にしたことがある女性もいるでしょう。

薬って奥が深いですねー。またこの話は別の機会に紹介します。

トラフル錠、ペラックT錠は眠くならない

喉が痛いだけならトラフル錠、ペラックT錠を服用すれば効果はあります。もちろん早い段階での服用が前提ですけどね。

トラフル錠、ペラックT錠には、総合風邪薬のような眠くなる成分が入っていないのも嬉しいポイントです。その変わり咳や鼻水には効果はありませんのでご注意を。

当然さきほど紹介したルルアタックEXは総合風邪薬なので眠くなりますよ。

のどの痛みや口内炎が出やすい人は、どちらかがお買い得なタイミングで常備しておくと便利です。

なんと言ってもどちらの症状にもききますからね。中身が同じですから(笑)。

まとめ

今回はトラフル錠とペラックT錠の中身は一緒だから「のどの痛み」「口内炎」の症状にどちらを服用しても効果がありますよ!ということを紹介しました。

何の知識もないとパッケージで商品を決めてしまいますよね。でも少し知識をいれておけばお得に買い物ができるし、いざという時に便利なこともあります。

普通に生活していれば「トラフル錠は口内炎の薬だ!」と思い込んでしまいますよね。中身がまったく同じことを知っていれば「のどが痛いな、とりあえずトラフル錠が残っていたから飲んどくか」と早期の対処ができます。

実は一般市販薬には他にも同じようなパターンが多く存在しています。また徐々に紹介していきますね。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です