【堤防釣り】サビキ仕掛けは何回も繰り返し使用できるか実験してみたよ

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

バファリンの半分は「優しさ」でできています。

ツジの半分は「アジ」でできています。

それくらいアジを釣って食べています(笑)。

仕事帰りに数をサクッと釣りたいので「サビキ釣り」を選択しています。

そんなサビキ仕掛けをあなたは何回使っていますか?

使い捨ての人も多いと思いますが、実際サビキ仕掛けは何回も使えるかを実験してみました。

使用するのはるんるんサビキ

私が使用しているのは3枚セットで190円ほどの「るんるんサビキ」です。

マルシン漁具 るんるんサビキ 白 (サビキ釣り 3枚セット) 3号

新品価格
¥156から
(2018/3/8 08:53時点)

Amazonだともっと安い(笑)。

というのも最近ダイソーでサビキ仕掛けが売っていないんですよねー。売れないから置いていないのか、売れすぎて欠品しているのか。気になるところです。

ダイソーのサビキ仕掛けはコスパ最強です。普通に釣れるしね(笑)

やっぱりか!100均ダイソーのサビキ仕掛けが予想通り釣れる件

というわけで1セット65円ほどの激安サビキ仕掛けが何回も使えるか実験してみました。

後記しますがメンテナンスは一切していません(笑)

1日目 安定の釣果

 

 

 

今回の実験ではこのような条件でおこないました。

もちろん初日は安定して釣れます。

針から外れることも少なく、効率的に釣れますね。

65円のサビキ仕掛けでこれだけ釣れるなら、300円のサビキってどれくらい釣れるのだろう。気になるところです。

2日目 まだまだ安定

2日目もまだまだ安定しています。

多少ハリスにヨレが見られますが、釣果に影響が出ているようには感じません。

サクサク釣れますね。

3日目 針を一本切られた!

3日目に事件は起こります。

針を一本フグに切られました(笑)。

まぁこんなことはよくあることです。1本針を切られたところでサビキ仕掛けが使えないってことはありませんからね。

針はまだ5本もついている!まだまだ実験続行です。

もちろんこの日も15匹を釣って帰りました。

4日目 スキンもボロボロ

4日目になるとさすがにダメージが蓄積されてきます(笑)。

昨日針を1本切られたうえに、サビキ仕掛けの肝であるスキンがボロボロです(笑)。

針自体も劣化してきているのか、アジが針から外れることも増えてきました。

でもまだまだ釣れます(笑)。

5日目 ハリスがよれよれ!でも釣れる!

5日目になるとサビキ仕掛けの限界を感じ始めますね。

針は1本ないし、スキンもボロボロ。そしてハリスがよれよれです。

そのサビキ仕掛けの姿から「もう勘弁しておくれよ…」なんて声が潮風にのって聞こえてきます。

しかし、そんな甘えは許しません。私はブラック釣り師です(笑)。

働け。働くのだ。

6日目 錆びてきた

6日目になると針の錆びが目立つようになってきました。

当然アジのかかりは悪くなり、頻繁に針から外れます。

せっかく海から釣り上げても、空中でポチャンと海へ落ちるアジにストレスを感じ始めますね(笑)。

でも釣れないなんてことはないです。いや、時間をかければ十分に釣れます。

実際私はこれくらいのサビキ仕掛けなら余裕で使います。

なぜなら少ない投資で多くのリターン(アジ)を手にいれたいからです(笑)。

お金がないなら時間をかける。これは何事においても同じです!←大袈裟

7日目 釣れるけどもういいや

もういいだろ。頼むよ。楽にさせてくれよ…

まさにそんな姿になってしまったサビキ仕掛け。

となりでは高級サビキを使用し、ガンガン釣るおじいちゃん。

あきらかに釣れるスピードの違いを感じますね。

まずアジが食いつかない。そして食いついても外れる。もうだめだ。

6日目と同じく時間をかければ釣れます。ただあまりにも圧倒歴な実力の差を見せつけられると「もういいか」ってなりますね。

合計150匹ほどのアジを釣り、役目を終えるサビキ仕掛けでした。

車に積みっぱなし

仕事帰りに堤防に立ち寄りアジを釣る。

こんなスタイルで毎日堤防に通っているので、基本的にサビキ仕掛けは車に積みっぱなしのノーメンテナンンスです。

それでも1週間は繰り返し使えることが判明しました。

ちゃんとメンテナンスすればもっと使用することが可能ですね。

使用後に真水で洗い乾燥させる。アジがやたら外れるのであればやすりで針先を整えてあげる。

このような簡単なメンテナンスをすれば10日は使えるかもしれません。

といってもやっぱりフグや少し大き目の魚には針を切られることもあるし、スキンはボロボロになると釣れるものも釣れないですからねー。

そのあたりのことを考えていくと6日くらいの使用がちょうどよいかもしれないですね。

まとめ

7日間フルで使い切るときもあれば、1日目でいきなりハリスをまるごとぶち切られることもあります。

ハリスが1号あればなんとか耐えますが、0.8号になると頻繁に切られますからね。

実際この記事を書こうとチャレンジしましたが、3回ほど途中で終了しています(笑)。

最近の15㎝~20㎝サイズのアジなら針7号、ハリス1号で釣るのでサビキ仕掛けの持ちはよいですが、豆アジの時期だとまた実験結果は変わってくるでしょう。

ケチ釣りに興味がある人はぜひ何日使えるかチャレンジしてみてくださいね。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です