田舎では車が必需品!でも本当は車離れしたい理由を打ち明かそう

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

ど田舎で暮らしているとやっぱり車って必需品です。

移住当初は車を持たず、2時間に1本の電車でなんとかしようとしていましたが…さすがに厳しかった(笑)。

でも本当は車を持ちたくないんですよね。若者?の車離れです(笑)。

ど田舎ならではの理由と、現実的な車離れしたい理由を打ち明かしていきます。

ど田舎では車が必需品

ど田舎は車社会です。車がなければ生活の不便が倍増します(笑)。

買い物はネットでなんとかなりますが、さすがに通勤は避けれませんからね。

ちなみに私が住んでいる付近では、1時間以上(自動車専用道路を使用して)車通勤するのが当たり前です。

都会の電車通勤とかわらないですねー。それくらい車で移動しなければ仕事がないのが現実ですね。

田舎への移住を考えているなら車のことだけは考えておいた方がいいですよ。

レンタカーも少ないし、カーシェアリングなんて「なにそれ?おいしいの?」レベルですから。

ど田舎で車を維持するということ

ど田舎に住むということが生活費を下げることには繋がりません。むしろ地方都市と比べれば生活費が上がってしまうこともあります。

その中でも「ど田舎で車を維持する費用」が大きく影響しています。本当に車離れしたい…。

ガソリン代

まずはやっぱりガソリン代です。

地元と比べると10円~15円はガソリン代に差があります。これには衝撃でしたね。

しかも前記したように通勤距離が半端ないですからねー。知り合いは片道45kmを通勤しています。往復90kmですよ。

リッター10kmで計算すると毎日9Lです。1L150円として1300円!

月間の走行は少なくても90km×21日で1890kmは走る計算です。

これ以上計算するのが嫌になりますね(笑)。

もし田舎で車を買うなら燃費のよい車にしたほうが賢明です。

オイル代、その他消耗品代

月間これだけの距離を走れば、すぐにオイル交換もしなければいけません。

タイヤの消耗も早いし各種消耗品の交換頻度が高くなります。

さきほどの知り合いは、年間2万キロ以上は走りますからね。次から次へと消耗品の交換時期がやってきます。

塩害

これは地域性の高い問題かもしれませんが、海の近くに住むと塩害の影響をもろに受けます。

街を走る軽トラの多くが錆び錆びです(笑)。

これは普通車にも言えることで、ぱっと見はわかりにくいですが車のいたるところに錆びが発生します。

少しでも傷がついたら最後。あっというまに茶色の傷に変化しますよ。

錆がひどくなればもちろん修理が必要です。放置すれば劣化は増すばかりですからね。

私の自転車も1週間でチェーンが錆びました。海の近くに住むなら知っておいた方がいい事実です。

事故のリスク

田舎には事故のリスクがいたるところに潜んでいます。

まずは高齢者です。

高齢者の事故が問題になっていますが、ど田舎はその最先端です。

脇道から国道へ出ようとしている高齢者の車に毎日ヒヤヒヤしています。

こっち見てる?本当にこっち見てる?止まってよ!お願いだから止まってよ!

これ結構疲れます(笑)。

しかも「見てない」ということも多々ありますからね。

高齢者の運転だけでなく、高齢者の横断も怖いです。

「え?ここ渡るの?ここはダメでしょ!」という場所もマイペースで渡ってしまいますからね。

「やばい!遅刻する!」と焦った気持ちで運転していると本当に事故へと繋がりますよ。

高齢者だけでけでなく、30代前後の大人になれない子供が多いのも特徴です。

3日に1回は煽り運転にあいますからね。典型的な田舎者の危険運転を感じますね。

あ、あとシカやイノシシの飛び出しです。あいつらめちゃくちゃ破壊力がありますからね。

これも知人が2人被害にあいました。

一人は修理費30万、もう一人は…廃車です。

こういった事故のリスクを考えるとできれば車に乗りたくないんですよ。

高額な車に興味がない

ど田舎での生活ならではの「車離れしたい理由」を紹介してきました。

ここからは個人的な車離れをしたい理由を書いていきます。

まず高級車に興味がないんですよね。

私の世代(団塊ジュニア世代)から上の世代って車が一つのパロメーター的なところがありますよね。

  • 高級車に乗っているのがかっこいい
  • 高級車に乗っている俺最高
  • 高級車に乗っている俺モテる
  • 高級車に乗っている俺金持ってる

昔は確かに車が好きでした。少しこういった考えを持っていた自分を認め、そしてグーパンチをしてやりたいです(笑)。あー恥ずかしい。

今はこう考えます。

無駄な買い物してんなぁ。

いや、車のハイスペックを生かし切れているならいいですよ。

でも「見栄のために高級車を無理して買っている世代」がめちゃくちゃかっこ悪く見えるんですよね。

その8人乗りの座席はいりますか?って話です。

まぁこの世代のおかげで消費が進み、経済がまわっていたという側面もあります。

でもやっぱり今はかっこ悪い。そうとしか感じないんですよね。

移動ができればいい

車ってアクセサリーじゃないんですよ。

大事なのは移動できること。それに尽きます。

もちろん安全性が髙ければありがたいです。でもそれ以上の付加価値っていらないんじゃないですかねー。

若者の車離れってようはそういうことじゃないですかね。

今の若者のほうが物の本質を見抜いているんですよ。その考え方に40歳間近の私も大きく納得ですね。

アホな若者もいますが、基本的に若者の方が優秀ですよ。

税金を払うのがあほらしい

車を維持するって税金を払いまくるってことです。

なんだかこれもアホらしいんですよねー。

自動車税は誰もがしっているでしょう。しかも最近ではガソリン車は13年、ディーゼル車は11年使用で自動車税がアップしますからね。

物を大事に扱っているのにお金を払わなければいけない。おかしな話しです。

ガソリン税ってどれくらいか知ってます?ガソリンって結構恐ろしいですよ。

  • ガソリン税
  • 石油税
  • 消費税

ガソリンを給油するってことはこれだけの税金を払っています。

1Lあたり70円近くの税金を払っていることになります。自動車を維持するって税金まみれなんですよ。

有効に使われているならまだしも、今の国会を見ていると「なんだかなぁ」ってなりますからね。

あ、税金とは別ですが車を運転するなら自動車保険もありますね。車の維持費つらすぎます。

ぶっちゃけ必要性を感じない

田舎に住んでいるから車が必要なだけで、地方都市レベルに住むならまったく車の必要性を感じません。

実際移住前は車を持たない生活をしていましたからねー。

基本は電車です。少し遠出するときは格安レンタカーを借りていました。

月に2,3回借りても車を維持するよりお得です。

色々な車を運転できるし、最近のレンタカーは最新の車両も取り扱っていますからね。安全性も抜群です。

車を維持する必要性ってないんですよ。

まとめ

今の車ってめちゃくちゃ高くないですか?軽自動車でも200万円を超えているなんて普通じゃないですか。

もちろん安全性は高いのだろうけど、実際そんな車を購入できる人がどれだけいるのだろう。

格差は広がり、上層に入っている人が今どきの車を購入できるだけです。(あと見栄のために無理やり購入する人)

今のプリウスなんて完全に庶民の車ではなくなってしまいましたからね。そもそも「買えない」というのがもう一つの車離れの原因ですね(笑)。

あ~、車を手放したい。

私の車は現在19万キロ。壊れたらもう一度田舎で車無し生活にチャレンジしてみよう。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です