インスタ映えしない「食」で満足できる最強のメリットについて語ろうか

はい、どうもツジ(@nirlog_net)です。

カメラ好きとしてはInstagramって結構ナイスなSNSなんですよ。

でも最近ではやたらと「インスタ映え」する食事をアップする人が多いですよねー。

見たくなければ見なければいい。それはわかっているんですけどね。インスタ映えする食に慣れてしまうのもどうかと思うんです。

インスタ映えしない食で満足できたほうがきっと「人生映え」しますよ。そんなお話です。

食を五感で楽しむのはわかる

懐かしき幼少時代の思い出。

サッカーの練習を終えて腹ペコになり、Bダッシュで家へ帰る。

帰り道はあちこちからおいしそうな香りがしてくる。

「えー、今日もカレーかよー・・・」なんて言いながら、まな板で「トントン」と野菜を切る母親とコトコトと湯気の上がる鍋をチェック。

でも「やっぱり家のカレーはうまい!」とおかわりする。

まさに「五感を使い食を楽しんでいたなー」なんて思い出します。

インスタ映えする食も同じことが言えます。

鮮やかな料理に「美味しそうだな!」と刺激を受けて「これ食べたい!」なんてことになることもあります。

見栄を張るためにインスタ映えを狙っていないか

SNSの普及により、今まで以上に「他人と比べる」ことが増えてしまっていますよねー。

  • あの子はこんなところでランチしているんだ!
  • あの子はがんばっておしゃれな手料理を作っている。
  • あの子は食材にこだわっているなぁ。
  • わたしもみんなに負けないインスタ映えする食をアップしなきゃ!

SNSの使いかたなんて人それぞれなので好きにしたらいいんです。

でもやっぱりこうやって「インスタ映え」に振り回されているようなら、SNSと少し距離を置くべきですね。

見栄の張り合いにわざわざ参戦する必要なんてありませんからねー。

少し離れて見てみると、インスタ映えに情熱を燃やしている「あの子達」の行動が違和感だらけだということに気づきます。

地味飯は身体によい

食べることで私たちの身体は作られています。生きるための行為に「見栄」なんていらないんですよ。

食を美味しく楽しむことは大事です。でもそのような大事なことから離れていっている気がするんですよねー。

  • インスタ映えをさせることが目的で店を選び、どう?私こんなおしゃれな店で食べてるのよ♪と見栄を張る。
  • インスタ映えさせることが目的でおしゃれな食器を選び、撮影に時間をかけて冷え切った食事を食べる。
  • 私は普段からこんな食材を食べているのよ!と自慢げに語る一方で給料日前にはいつもピンチに陥る。

いやいや、まずは身の丈にあった食を、本当に美味しいという気持ちで楽しみましょうよ。

あなたの母親が作ってくれた料理はインスタ映えしますか?どちらかといえば地味な茶色の料理が並んでいませんでしたか?でも美味しいですよね。

家庭の地味な料理が私たちの身体を作ってくれているんです。地味でも美味しいし、そういった日本食は身体に良いんです。

同じ飯を食うことがなぜ悪い?

「えー、今日もカレーかよ。」

こんなセリフを一度は言ったことがある人がほとんどじゃないですか?

もちろん私もあります。でも今思えば同じ食事をすることって悪いことではないんじゃないかなと。

焼き魚、味噌汁、漬物に白飯。これだけあれば十分な気がするんですよねー。

カレーだって野菜たっぷりで栄養満点です。

いつからおしゃれな料理を食べることが正義になってしまったんだろう。

毎日違う料理を食べることになれてしまったんだろう。

そういった違和感を加速させるのがインスタ映えです。

時間、コストもかからない

地味な食は時間、コストがかかりません。

手の込んだ料理を作ろうと思えば、仕込みに始まりいくつもの調理器具を使わなければいけないですよね。

当然洗い物は増えるし、過剰の食材をかかえることにもつながります。

料理に慣れている人なら食材を使い切ることができますが、インスタ映えのために購入したおしゃれな食材は、なかなか食べきることができないんじゃないですか?捨ててるなんて言ったらグーでパンチします(笑)。

その点地味な食は時間、コストがかかりません。

出汁と塩、醤油、味噌、酒、みりん、砂糖あたりがそろっていれば簡単に作ることができます。

もちろん食材の無駄も減ります。

日本の四季に合わせた旬の食材をシンプルに調理する。見た目は地味ですが、これが一番おいしくて身体にも良いはずです。

生きるたくましさが身に着く

もう少し踏み込み先人たちの知恵を拝借すれば、地味な食もさらに美味しくなります。

野菜を干せば保存がきくし「うまみ」、「栄養」ともに上がりますよね。

漬物や味噌、納豆などの発酵食品は身体のメンテナンスに一役買ってくれます。

先人の知恵は私たちに生きるたくましさを与えてくれますよねー。

勝手な予想ですが、日本の人口が減り、世界の人口が増えた時、食生活に大きな変化があると思っています。

昭和40年ごろには70%以上あった食料自給率が、農林水産省の発表では現在40%を切っているようです。詳しくはこちらからどうぞ。→日本の食料自給率:農林水産省

しかも「カロリーベース」なんて数字のからくりを使用しているので、実際もっと低いんじゃないかな?って疑っています(笑)。

食の安全が保障されなくなり、食糧不足に陥ったときに「インスタ映え」なんて言っていられませんからね(笑)。貴重な食材を大事に扱い、自分の身体を作っていく方法が重要となるのは当然ですよね。

まとめ

あなたの家族が風邪をひいたときに料理を作れます?

できれば栄養満点で消化の良い料理がいいですねー。もし「作れない」なら今からでも作れるようになりましょう。

そうすれば「インスタ映え」なんかより大事なことがみえてきますよ。

別に料理なんて難しくないんですよね。おしゃれな料理やインスタ映えする料理がハードルを上げているだけです。

旬の野菜に手作り味噌をつけて食べる。これだけでも立派な料理です。

そしてこういう食こそが「人生映え」する最強のメリットを得ることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です