口コミ・評判高得点のVIPライナーで名古屋→東京を快適にすごした件

はい、どうも和歌山ワンダラーのツジ(@nirlog_net)です。

久しぶりに夜行高速バスに乗ってきました。利用したのは評判・口コミともに高得点の株式会社平成エンタープライズが運営する「VIPライナー」です。

その口コミ・評判どおり、VIPライナーは名古屋→東京間の6時間半を快適に過ごすことができましたよ。今回はそんな株式会社平成エンタープライズが運営する「VIPライナー」を紹介します。

VIPライナーの料金

名古屋→東京への交通手段といえば「新幹線」か「高速バス」を利用することがほとんどですよねー。

特に圧倒的なコストパフォーマンスの良さから、夜行高速バスの魅力は大きいです。

名古屋→東京間の夜行高速バスは数多くあり、料金はなんと1000円台からあります。新幹線は10000円ほどなので、その安さに驚かされますよね。

ではVIPライナーの料金はどうなのか?というと、決して「格安ではない」です。

私が今回利用した、VIPライナー3便は名古屋→東京で5000円でした。

1000円台の深夜高速バスがあるにもかかわらず5000円ってちょっと高いんじゃない?」と感じているあなたに納得の理由を書いていきます。

この料金はちゃんと「快適さ」という形で還元されていますよ。VIPライナーの5000円は決して高くないですから。

VIPライナーといえばラウンジ

VIPライナーを利用するメリットの一つ目は、出発前に利用できる「ラウンジ」です。女性にとって嬉しいサービスが盛りだくさんなんですよね。

  • パウダールーム
  • フィッテイングルーム
  • ドライヤー貸し出し

これ嬉しくないですか?深夜バスはリラックスできる状態で乗車したいですよね。

「パウダールーム」や「フィッテイングルーム」を利用すれば、万全の体制でバスで休むことができます。

その他にも多くのサービスが用意されていますよ。

  • インターネット利用
  • フリーWi-Fi
  • 無料ドリンク
  • フットマッサージ

いたせりつくせりですね。

その人気の高さから、集合時間尾40分前に到着したのですがすでにたくさんの人でにぎわっていました。ということで写真が撮れなかったんです。←無能

ごめんなさい。

VIPラウンジ名古屋の場所は?

集合場所でもあるVIPラウンジ名古屋の場所は少しわかりにくいです。

住所はこちら。→愛知県名古屋市中村区椿町14-12セントラルWEST名駅ビル地下1F

Googleマップで検索すれば普通にでてきます。しかし、確かに到着したはずなのに「ラウンジがない!どこだ??」って探しました(笑)。

ちょっとわかりにくいんですよねー。でもじっくりと探してみると「すき屋」の地下にありました(笑)。

小さな看板を見逃すかも

目立った看板もないんですよ。最初は戸惑うかもしれませんねー。

名古屋駅から十分に徒歩圏内です。ビッグカメラ側の出口(銀時計側)から出れば徒歩5分ほどです。

ローソンがあるから便利

ローソンがあるので便利

VIPラウンジ名古屋の近くにはローソンがあるので便利です。

何か買い忘れがあればローソンで購入することもできますね。ちなみに小腹がすいていたので、私たちはVIPラウンジ近くの「宮本むなし」で唐揚げ定食を食べました(笑)。

VIPライナーの3列独立シート

3列独立シートはゆったり快適

今回利用したVIPライナーは3列独立シートタイプです。いやー、3列って広々していいですね。

座席にはブランケット、ミニ枕が用意されています。

窓側席にはカーテンが設置、中央の席はシート上部に取り付けられたカバーを引き出すことで、プライバシーを守ることができます。

もちろん充電をすることもできるしWi-Fiも利用できます。

VIPライナーのシートは快適か?

3列独立シートということもあり、ゆったりと座ることができます。オットマン(足置き)もあるし、座り心地も良好です。嬉しいのが腰当のクッションですね。これがあるのとないのでは快適さに大きな差が出ますよね。

全開でリクライニングさせることにより、ゆったりと休むことができますよ。

といってもあくまで高速バス。身体が大きな男性には、どうしても窮屈さはでるかもしれません。それが嫌ならやはり新幹線を利用するしかないですね。ちなみに私は172㎝、62kgですが問題なく過ごすことができました。

「高速バス」で比較すればVIPライナーはかなり快適ですよ。

VIPライナーは寝ることに特化している

VIPライナーはとにかく寝ることに特化しています。座席の快適さや、ブランケット、ミニ枕などの備品。そして寝てください!と言わんばかりの消灯。

ちょっとスマホを触ったり、読書をしたりなんて雰囲気はありません(笑)。これがまたいいですよね。

出発してすぐに「消灯します。シートを全開にリクライニングさせてゆっくりとお休みください」のアナウンス。

安い高速バスだといつまでも「ザワザワ」として寝れなかったりします。VIPライナーは「全員が休むため」の雰囲気をうまく作ってくれます。

VIPライナーの休憩

VIPライナーの名古屋→東京では休憩が2か所あります。基本的に「NEOPASA静岡」と「海老名SA」に止まります。

ここでもVIPライナーのこだわりを感じることができます。

それは休憩のアナウンスがないということですね。

静かに止まり、最低限の照明が点灯。これが休憩の合図です。出発時間は運転席にボードで表示されているので安心です。

私はNEOPASA静岡でトイレに行きましたが、海老名SAでは爆睡していました(笑)。それくらい寝ることができる心配りですよ。

といっても照明がついたり、トイレに行く人もいるので「アイマスク」や「耳栓」を用意しておけば完璧ですね。

あ、もちろんVIPライナーはトイレがついているので、万が一の時にも安心です。

VIPライナーの事故は?

ここ数年高速バスの事故が多発していますよね。実はこの事故の多さが理由であまり高速バスを利用していなかったんですよね。

にもかかわらず今回VIPライナーを利用したのは、その安全への取り組みがあったからです。

VIPライナーには全車「衝突防止補助システム」が導入されています。

時代は変わってきていますねー。車両のフロントガラスにカメラが取り付けられています。このカメラが危険を検知し、衝突の危険を事前に警告する装置です。

眠気検知センサーも導入されているし、400km以上の走行はもちろん2名乗車です。※名古屋→東京は1名乗車

事前のチェックも厳しく、労働環境への配慮もされているようです。今後こういった取り組みがされていないバス会社はピンチになりそうですね。

今回VIPライナーを選んだ理由はこの安全への取り組みに魅力を感じたからですね。なので5000円でも「安い!」と感じたんです。

VIPライナーはおすすめ!

東京に到着

VIPライナーでの名古屋→東京の移動は快適でしたよ。

「どうしても格安じゃなきゃ嫌だ!」というこだわりがないのであれば、VIPライナーをぜひ利用してみてください。新幹線の半額でこの快適さなら口コミ、評判ともに高評価なのも納得ですねー。

名古屋→東京の旅に、安心して休むことができるVIPライナーを利用してみてはどうですか?

名古屋→東京の高速バスを検索



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です