【田舎移住】香川県三豊市の空き家バンクにネットで登録してみたでござる

はい、和歌山ワンダラーのツジ(@nirlog_net)です。

田舎暮らしをしているくせに、香川県三豊市の空き家バンクにネットから登録してみました。

なにやってんだ?とつっこまれそうですけどね。ちゃんと理由があります。

理由は日本全国から理想の暮らしができるエリアを探し出すため。すでに田舎移住を経験した身ですが、再度移住を視野に入れて動いているんですよ。

理想の暮らしを探そう

最近妻とお酒を飲みながら「理想の田舎暮らし」について頻繁に話しています。

以前書きましたが、「理想の田舎暮らし」はこんなところ。

  • 生活コストをとにかく下げたい。
  • 家庭菜園ができる小さな一軒家に住みたい。
  • 海が近く、釣りができる環境に住みたい。
  • 津波がきてもなんとかなる場所に住みたい。
  • 近所の人たちとあいさつができる程度のコミュニケーションがとりたい。
  • 旅に出やすい環境に住みたい。
  • 両親に「こっちで暮らしなよ」と自信を持って進めれる場所。
  • のんびり暮らしたい。

現在すでに実現している項目もありますが、100点ではないんですよ。特に「のんびり」はできていませんからね(笑)。

すぐにどうこうというわけではないですが、アンテナはしっかりはっておきたいなと。

誰でも理想の暮らしをイメージすることはありますよね。でもやっぱり動かなければ実現しません。動いたところで実現しないことがほとんどですからね。

田舎移住は「こんな生活がしたい!」とイメージを明確にしないと失敗するよ

空き家バンクとは

2年前から妻と時間を見つけては日本全国を旅しています。まだ14,5県しかまわれていないけど(笑)。

旅する目的のひとつが「理想の田舎暮らし」ができる場所を探すということ。

「ここで暮らせるか?」
「いや、ここはちょっと厳しいな」

こんな会話しながら徘徊しています(笑)。

街を歩いて不動産屋のはりがみをチェック。

「お~、この辺りの家賃相場は安いね~」なんてこともしています。

でもやっぱり「すべての土地を巡って物件チェック」なんてことはできないのが現実。

そこで利用するのが「空き家バンク」です。

空き家バンクとは

空き家バンクとは、自治体が中心となり、空き家と管理者、利用者をマッチングしてくれるナイスな仕組みです。

こいつは利用しない手はないですねー。

田舎移住の家探しってめちゃくちゃ大変です。うまく空き家バンクを活用すれば、田舎移住のハードルを下げることができますよ。

といっても和歌山に移住した際には使っていないですけどね。実験もかねて登録してみました。

今では日本全国の田舎移住者を求めている自治体が「空き家バンク」の運用に力を入れてますよー。

ネットでさくっと登録完了

今回登録したのは香川県三豊市です。理由は前回の香川旅で「お~、いいな!」と直感的に感じたことと「ネットで登録ができる」ということの2点です。

移住に力を入れているし手厚いサポートもありそう。そしてなにより「ネットで登録ができる」のは大きい。

ネットへの意識があるってだけで「本気」を感じますねー。田舎でも「ネットがあれば買い物ができるし、仕事にも役立つよ!」という発信ができているってことですからね。

  • 「不便だけど移住してきてよ!」
  • 「う~~ん、あんたにはうちの街に馴染めないよ」
  • 「ネットで仕事?怪しいやつだな」
  • 「ネットっておいしいの?」

これでは普通の人が田舎移住するには不安だらけですよね。その点香川県三豊市は「田舎暮らしのハードルを下げてくれている田舎なのかな」って感じますね。

三豊暮らし手帳

田舎暮らしのピンからキリ

和歌山に移住して痛感したのは「田舎暮らし」にもピンからキリまであるということ。

ど田舎で暮らしたいのか、地方都市よりの田舎で暮らしたいのか。理想とする生活スタイルで全く違ってきますね。

実際旅をしながら「地域+田舎暮らし」で検索すると、「ここが田舎かよ!」というくらい便利な場所でも「田舎移住支援」があったりするから驚きです。←すでに感覚が崩壊している。

香川県三豊市は便利な田舎なんですよねー。

他拠点暮らしもいいね

今の暮らしもちろん気に入っています。でも「理想の田舎暮らしか?」と聞かれれば「NO」かもしれません。

一回目から物事がうまくいくことなんてまれですからね。良くも悪くも多くの経験と勉強をさせてもらっていますねー。

「失敗したこと」、「学んだこと」があるからこそ2回目がうまくいくものです。

それこそ「他拠点暮らしもいいなぁ」なんて考えています。和歌山には和歌山の良さがありますからねー。

もっと田舎移住、田舎暮らしのハードルが下がればいいのに。

田舎移住は気に入った町への引っ越しですからねー。

ということで気軽に空き家バンクへ登録してみたらどうですか?

「こいつの様子をみてから」なんて思っているとチャンスを逃しますよ(笑)。

おわり。

三豊暮らし手帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です