田舎移住は「こんな生活がしたい!」とイメージを明確にしないと失敗するよ

はい、どうも意識低い系田舎移住者のツジ(@nirlog_net)です。

田舎へ移住したい人へあえて言わせてもらおう。「田舎移住したい!」ってだけでは弱いとな…。

ど田舎じゃなくてもできることって沢山あるんですよ。田舎には「田舎レベル」がありますからね。田舎暮らしもピンからキリまであります。

ですのでイメージができてないとせっかくの田舎移住も失敗することになりますよ。

「こんな生活がしたい」「こうやって生きていきたい」を明確にしておくと目指すべき環境がみえてきますよ。

田舎移住になにを求めるの?

田舎移住をしたいあなたに問います。

田舎移住に何を求めますか?

  • 自給自足?
  • スローライフ?
  • 自由な暮らし?
  • 心の休養?

理由はなんだっていいんですよ。田舎移住ってただの引っ越しですから。

ただ、野菜作りや米作りは田舎でなくてもできるし、田舎でスローライフってなかなかできないですよ。

もちろん自由なんてよっぽど貯蓄がなければないし、田舎のコミュニケーションに、「心の休養」があるのかと言われれば疑問が残ります。

何度も書いていますが、大都会からの移住なら生活コストは下がりますが、地方都市からの移住だと大きくは変わらないどころか、生活コストアップなんてこともありえます。

こんな生活がしたい

私が田舎移住をした理由を書いておきます。

  • 環境を変えたかった
  • 生きる力を磨きたかった
  • 震災で色々考えさせられた

これだけです。環境を変えれればそれでよかったし、生きる力を磨くなら「田舎」かなと漠然なイメージを持っていました。

実際こっちにきて学んだこと。

  • 田舎で畑をするのは獣との戦いが必要
  • 魚の釣り方
  • 3年もたてば普通になる
  • 田舎でも都会でも変わらないことが多い
  • でも大都会よりは間違いなく田舎が住みやすい
  • Twitterよりも早い噂話
  • 田舎の人は温かい
  • でも田舎の人は怖い
  • 都会で使えない技術も田舎では使える
  • よそ者は3年たってもよそ者

他にもちろん沢山あるんですけどね。

結構リアルな情報ですよ。

友人は名古屋で働きながら畑も米作りもやってます。冷静に考えれば私の地元でもその気になれば、畑も米作りもできる場所はあるでしょう。

でも環境は変えれたし、愛知にいたら学べなかった「生きる力」も学んでいます。私にとってはこれでOKなんですよ。

あなたの「こんな生活がしたい」はどうですか?田舎移住をしなければできないですか?

ただ「畑がしたい!」「米作りをしたい!」というだけなら別に田舎移住をしなくてもいいんじゃないですかね。

明確にすること

やってみなければわからないことってあります。私もやってみたからこのようなブログを書けていますからね。

でももう少し「田舎移住」での生活を明確にしておいてもよかったかなと感じています。

今の私ならこうです。

田舎移住で実現したい生活

  • 生活コストをとにかく下げたい←生活コストは愛知県時代とほぼ同等かそれ以上。収入は年収200万減。
  • 家庭菜園ができる小さな一軒家に住みたい←小さな一軒家の生活は実現しているが家庭菜園ができていない
  • 海の近くで釣りができる環境に住みたい←実現してる
  • 津波がきてもなんとかなる場所に住みたい←絶対やばい場所に住んでる
  • 近所の人たちとあいさつができる程度のコミュニケーションがとりたい←実現している。でも馴染めていない感はある。
  • 旅に出やすい環境に住みたい←ほど遠い
  • 両親に「こっちで暮らしなよ」と自信を持って進めれる場所。←微妙。

田舎移住で耐えられる不便

  • 買い物は片道20km圏内
  • 娯楽施設の少なさ
  • 電車の本数
  • ソフトバンクの携帯電波が入らない

他にもありますがこんなところですね。

田舎移住をする前に「どんな生活を実現したいか」「どこまでの不便なら耐えれるか」を明確にリストアップしておくことがおすすめですね。

この明確にしたリストをもとに田舎移住先を選んだほうが賢明です。

なんせ「田舎」にもピンからキリまでありますからね。

飛び込むこと

あとは飛び込むだけです。田舎へ飛び込んでしまえば何とかなりますから。

「明確にするといい!」なんて書きましたが、自分の理想どおりにすすむことなんてまずありえません。75点がとれてたら合格点ですよ。

100点の田舎移住をしようと考えると、いつまでたっても田舎移住できなくなります。

失敗することもあるし、「こんなはずじゃなかった」なんてことも出てきます。でもそのときには都会へ帰ればいいし、学んだことをもとにさらなる移住先を探してもいいんですよ。

イメージが大事

田舎移住を実現させるためにはまずしっかりと「田舎での生活をイメージ」しておくことが大事です。

はじめて訪れた場所では「ここで暮らすのは無理だな」と白旗をふりました(笑)。

だからこそ今の生活があるし、次のステップも見据えることができています。

ただ単に「生活コストを下げたいだけ」なら地方都市を目指したほうがいいし、「畑がやりたい!」ならイノシシやシカがいない環境を選んだほうが簡単です。

田舎に魅力を感じ、田舎じゃなければできない「理想の生活」をイメージできているならきっと田舎移住は成功しますよ。

あ、もう一点移住者の知人がナイスなことを言っていました。

「どうなったら失敗か」を明確にしておくこと。これも大事ですね。失敗の線引きができていないとズルズルとしてしまいます。

「ここまできたら失敗だ。帰る」というラインを決めておくこともポイントかもしれません。

「なんとなく」で田舎移住をすると失敗する可能性は高いです。どうぞお気をつけて。本当は田舎移住に失敗なんてあっちゃいけないことなんですけどねー。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です