田舎移住して3年で学んだこと♪仕事はないけどパソコンがあればなんとかなるよって話

はい、どうも和歌山フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

田舎に移住をしたい。だけど仕事がない。無収入ではさすがに生きていけない。これが現実なんです。

もちろん選ばなければ仕事は田舎にもあります。でも若者が都会へ出ていくということはそういうことなんですよ。

「どうやって食べていくか?」のヒントはやっぱりパソコンに隠されています。今回は田舎に移住して3年の私が学んだ田舎の仕事について書いていきます。

田舎暮らしの仕事といえば

田舎に移住しよう!

ちょっと待ってください。どうやって食べていくんですか?

完全に自給自足の道を選択し、山奥で仙人のような暮らしをすれば可能でしょう。しかし現実的にそのような暮らしをするのは大変です。

よっぽど貯蓄があるのなら話は別です。でも貯蓄するの長い月日が必要ですよね。移住するなら早い方がいいんですよ。それこそ貯蓄が少なくてもいいんです。

年齢を重ねてから田舎暮らしをスタートさせても、せっかくの田舎を満喫できませんからね。

田舎の仕事

参考程度ですが、私の住むエリアの求人情報はこんな感じです。

  • 介護系
  • ホテル系
  • 海産系

意外と農業の募集はハローワークには出ていません。

賃金は和歌山県の最低賃金「753円」を基準にしてあることも多く、正社員でも800円×8時間×出勤日数くらいがスタンダードです。

もちろんこの賃金で生活を成り立たせることはできます。でも人には向き不向きがありますからね。これらの仕事に馴染めない人も多いでしょう。

そうかー。やっぱり田舎移住は厳しいか・・・。」と諦めるのはちょっと待ってください。

この水準の賃金なら、パソコンとネット環境さえあればなんとかなりますよ。

パソコンで仕事

パソコンで仕事って怪しいですよね。「ネットビジネス」なんて響きにはうさん臭さしかありません(笑)。

あなたのイメージはこんなところでしょう。

  • 怪しさ100%!
  • パソコンで稼ぐなんてそんな甘い話はない!
  • ステマとか悪いことするんじゃないの?※ステルスマーケティング(「ヤラセ行為」「サクラ行為」)
  • え?ひょっとして宗教?
  • 高額な教材とか買わされるんじゃないの?
  • ネットビジネスってあれでしょ?ねずみ講でしょ?

ここまで偏っている人はさすがに少なくなってきていることでしょう。でも「パソコン、インターネットで仕事」と言うとやっぱりこれらの事例にあるような「不安」を感じる人が多いのも事実です。

だからといって「悪いイメージ」という理由で敬遠するのはもったいないですよ。

パソコン、インターネットをうまく活用すれば様々な仕事に繋げることができるのも事実ですから。

時代は変化している

iphoneの誕生っていつか知っています?なんと2007年なんですよ。ちょっとデータが古いですけどね。2016年7月のスマホ利用率は72.2%なんて言われています。

たった10年でスマホは持っていて当たり前になりました。現にこの記事もスマホで読んでいる人がほとんどでしょう。インターネットとの距離も密接な物になっていくのは当然です。

インターネットとの関係が密接になれば、インターネットを活用した新たなビジネスが登場します。いつまでも「悪いイメージ」を持っていてはもったいないんです。それは時代の流れについていけていない証拠であり、チャンスロスをしていることになるのです。

あなたもきっと消費者側になっている

Amazon、楽天を利用したことがある人がほとんどじゃないですか?Amazon、楽天って怪しいですか?なぜ同じインターネットを使ったビジネスなのに疑わないんですか?

それだけネットビジネスって身近な存在になっているんですよね。

最近ではメルカリが旋風を巻き起こしているし、ココナラ、BASE、クラウドワークス、ランサーズなどなどいくらでもパソコンを使って仕事をする環境が整っているんですよ。

話を戻しますがあなたが購入した商品ってどのようにたどり着きました?芸能人や、お気に入りのブロガーが紹介していた記事のリンクからAmazonや楽天のページへ飛んだことがありますよね。

この人が紹介するなら私も欲しい

こういったのもネットビジネスです。

「この人なら」という人間力をうまくインターネットで発信しビジネスになっています。

「あ、そういえば」と心当たりがある人も多いでしょう。あなたも立派なネットビジネスの消費者側になっていることがわかりますよね。

消費者がいるということは「生産者」、「販売者」がいます。インターネットを使って生産者、販売者側に回ることができれば仕事として成り立つわけです。

物だけが商品ではない

「商品=形ある物」。一昔前まではそうでした。しかし今は違います。形のない「情報」も商品として成り立つ時代です。

実際なにか調べものをするときにスマホですぐ検索してしまいませんか?「知りたい」に答える「情報」がいとも簡単に手に入る時代です。

これが一概に「良い」とは私は思いません。なぜならインターネットの情報の多くは「嘘」であることも多いからです。

情報操作され、私たちの手元に届くころには形を変えた状態で届くことがほとんどです。

ということは「正しい情報」には価値があるんです。

情報があまりにも簡単に手に入るように時代が変わったからこそ生まれた価値です。

あなたの真実の情報には価値があるのです。それこそ田舎暮らしのリアルを伝えるこの記事も「価値がある」と思っています。

パソコンを使ったネットビジネスはもはや難しいことではないのです。

「あなたの体験を売る」ことができるレベルまで引き下げられているのですからねー。

  • 都会ではできない生活の知恵
  • こんなこと私たちにとって当たり前なこと

こういった情報を求めている人がいるんですよ。だからこそ「田舎で仕事がない!」と嘆くなら「パソコン」で仕事を作る勉強をすることが近道なんです。

副業ではなく複業を考える

これからの時代「組織」の仕事にぶら下がっていれば何とかなる時代は終わりを告げるはずです。

10年でスマホが当たり前になり、15センチほどの端末で世界と繋がり、欲しいものはなんでも買える時代になっています。これは田舎でも同じです。

レジ会計なんてなくなって当然だし、自動運転が当たり前になれば「運転手」もいらなくなります。AIなんて10年たてば優秀な働き手になるでしょう。

ヘアカットも「自動カット」ができてしまうんじゃないですかね?ありとあらゆるものが変化することでしょう。

いつ「あなたはもういらない」と言われてもおかしくない時代です。残酷ですねー。

だからこそ個人で生きていく手段、ビジネスを考える必要があるのではないでしょうか。

ただ田舎にこの流れが来るのは少しタイムラグがあるはずです。都会で仕事をするより猶予が残されているんですよ。

「あなたはもういらない」と言われた時のために、副業ではなく複業でリスクを分散しておくことが今やるべきことと考えています。

そしてパソコンでビジネスができるようになっておけば、複業すべてに応用することがきます。いつまでも「ネットビジネスは怪しい」なんて言っている場合じゃないですよ。

田舎に仕事がない。でも移住したい。このことをチャンスと捉えて「パソコンで稼ぐ」という選択肢をとり、勉強をしてみてはどうでしょう。

その方法は調べれば沢山出てくるし、このブログでも書いてますから。

田舎への移住も実現するし、今後の社会を生き抜くスキルアップにもつながりますからね。

最後に

田舎移住して3年で学んだことは、「田舎に仕事はないけどパソコンがあればなんとかなるよ」ってことです。

別にパソコンだけで20万稼ぐ!なんて張り切らなくてもいいんです。5万でも稼げればあとはなんとかなりますから。

アルバイトをしてもいいし、それこそ自給自足に向けて畑を耕すのもありです。もっと好きなことを仕事にするのも面白いですよ。

田舎移住って簡単です。飛び込んでしまえばなんとかなります。あとは自分の人生をどう作っていくかだけですよ。

その過程の中に「パソコンで稼ぐ」ということを入れておけば「田舎」という縛りを飛び越え、場所を選ばずどこでも生きていけるようになりますよ。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です