誰にでもできるブログの検索流入を増やす具体的な実践方法

はい、どうも和歌山フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

単純にブログで収益を上げる方法で一番簡単なのは「Googleアドセンス」です。

といっても「Googleアドセンスで生活を成り立たせるぜ!」となるとレベルはぐ~~んと上がってしまいますけどね。その話はまた別の機会にします。

その簡単なGoogleアドセンスで収益を上げるポイントとなるのがやはりPV(ページビュー数)です。

今回はブログのPVを上げるために必要な「検索流入」について具体的な方法を紹介します。初級編なので簡単ですよ♪

PVを上げるために

ブログのPVを上げるのには大きく二つの方法があります。

  • SNSなどでの拡散
  • Google先生の検索流入

今回は後者のGoogle先生の検索流入のお話です。

PVってあるに越したことないです。PVがあればGoogleアドセンスの収益アップだけでなく、あなたの存在が多くの人に知られるということですからね。存在が認知されれば思わぬチャンスに巡り合うこともあります。

ですのでブログで「何者かになりたい発信」や「収益化」をしたいならPVは大切だし「Google先生の検索流入」を意識しなければいけません。

適当にブログを更新して「PV増えないかな~」ではいつまでたってもも増えませんからね。

具体的な流入事例

このブログはまだまだ小規模の成長期です。ですがGoogle先生の検索流入を狙って結果が出ている流入事例もあります。

一つ目の事例です。

例えばあなたが愛知県の日間賀島に行って「レンタルサイクルを借りたいな~」と感じたらGoogle先生でなんと検索しますか?

日間賀島 レンタルサイクル

ではないですか?

実際に調べてみてください。私の記事が上から3番目に表示されるはずです。※2017年8月現在

これは私が愛知県の日間賀島に行って「レンタルサイクルを借りたいな~」という人をイメージして、タイトルに「日間賀島 レンタルサイクル」というキーワードを入れているからです。

そしてタイトルは「日間賀島でレンタサイクル&レンタ釣り竿&激うまたこ焼きを一撃で楽しむ方法」としました。

同じく「日間賀島 レンタル竿」でも同じです。

本当は一番上に表示されるような「内容の濃い」情報を書くのがベストなのですが、旅記事で本家「いこい」のサイトより上位に表示させるのは少し厳しいです。

情報の歴史や信頼度など、多くの情報をもとにGoogle先生は表示順位を決めています。これが気まぐれで大きく順位が変動することもあるのでヒヤヒヤするんですよ。

二つ目の事例です。100均一ダイソーで売っている「サビキ仕掛け」って釣れるのかな?なんて調べようとする人はなんと調べますか?

ダイソー サビキ 釣れる

こんなところでしょう。

実際に調べてみてください。これも同じく上から3番目に表示されるはずです。1位じゃないんかい!って話ですけどね(笑)。

この記事のタイトルは「やっぱりか!100均ダイソーのサビキ仕掛けが予想通り釣れる件」です。ちゃんとキーワードが入っていますよね。

このように「検索する人がどのような言葉で調べるかな?」を意識してタイトルに入れ込むわけです。

ただしタイトルに検索してくれそうなキーワードを入れるだけではダメです。ちゃと中身を充実させてくださいね。やっぱり1000文字以上で情報を「伝える」ことが必要です。

最初は小さく広く

今回紹介した事例で爆裂なPVがあるかというとそうでもないんです。

そこまで多くの人が愛知県の日間賀島に行くわけではないし、ダイソーのサビキについて調べるわけではないからです。しかも3位だし(笑)。

じゃ爆裂にPVを上げようと「東京 宿泊」なんて言葉で記事を書けばいいじゃん!ってなりますよね。でも考えることはみな同じです(笑)。ライバルは超強烈ですからね。3位どころかまず1ページ目に表示されることはないでしょう。

はっきり言って3位以降に表示されるサイトって読まれませんからね。ましてや2ページ目まで調べることなんてあります?

こういったことから、特に始めたばかりの歴史が浅いブログ(サイト)は小さく広く上位を狙っていくことが大事です。

ライバルの少なそうなステージで、3位以内を狙った記事を量産するんです。すると小さくてもそこそこのPVを稼げるようになってきます。

記事が増え、ブログの歴史も深くなってくるとGoogle先生も「長いことがんばっているな!君なら信用できそうだ!」と一つ上のステージでも上位表示させてくれるようになります。

お店にも応用できる

この考え方はお店にも応用できます。「お客さんは自分の店をどのように調べてくれるかな?」と考えるんです。

お店の場合は多くのPVはいりません。濃いアクセスがあればいいですからね。

基本的には「地名+サービス」です。

あなたが美容室を探しています。なんて調べます?

自分の住んでいる場所や仕事先の地名や駅名+美容室じゃないですか?

※サロンか美容院かまた別の何かなのかはご自身で調べてください

さらに付け加えるならこんな感じでしょう。

  • 住んでいる場所や仕事先の地名や駅名+美容室+口コミ
  • 住んでいる場所や仕事先の地名や駅名+美容室+料金
  • 住んでいる場所や仕事先の地名や駅名+美容室+評判

こういったお客さんが検索してくれそうな言葉を使い、上位表示を狙っていくんです。

注意点は「店名」ってあんまり覚えられていないことが多いんです。英字表記だと読めないことも多々ありますからね。

なので基本的に「場所+サービス」で上位に表示させましょう。

もし自分のお店が1ページ目に表示されないなら対策が必要ですね。ライバルサイトをチェックして、そのサイト以上の情報提供を心がけましょう。

ブログの検索流入を増やす具体的な実践方法初級編

このブログは雑記で書いてます。思いついたことを検索流入を意識せずに書くことも多々あります。それでもたまに意識して書けばちゃんとPVはついてきます。

お店ブログや特化したブログなら効果が出るのも早くなりますよ。専門性の高いサイトってやっぱりGoogle先生の恩恵を受けやすいです。

いつも書いていますが「ランチ食べてきた~♪」なんてブログではPVアップはいつまでたってもしませんから。

早速一記事Google先生の検索流入を意識して記事を書いてみてはいかがでしょう。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です