睡眠時間15分でOK?天職に出会うということのすばらしさを突き付けられた話

はい、どうも和歌山フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

僕この仕事が天職なんですよ。

先日そんなお話を聞かせてくれる若き職人に出会いました。

「なんか輪郭がないよね」なんて言われながら生きている私に、「天職」と出会うという素晴らしさを突き付けられましたね。

「天職」に出会うって難しいこと。でも出会えば幸せなんだろうなって感じるお話です。

夢が叶っちゃったんです

「夢なんていらない」と本気で思ってます。「夢」を持たなくちゃ生きてたらダメなの?って。夢を押しつける人たちが嫌いなんですよ。

でも小さいころからの「夢」を実現させた人はやっぱり素敵だし、「かっこいいな~!」と尊敬しますよ。夢みることの危険性を感じているからこそ、実現させた人の偉大さを感じます。

夢がもう叶っちゃったんですよ

彼はこう言いました。保育園に通っていた時からずっと今の仕事をしたかった。夢を見ていた。そして実現させることができた。

「これしかできないから」なんて言いますが、「これ」がない人間がほとんどなんですよね。

「これだ!」と人生を捧げることができる「夢」に出会えたらやっぱり人は強いんですよ。

睡眠時間15分でもエネルギッシュ

「睡眠時間が15分なんだよ・・・」とブラック企業で殺されそうになっている人ってたくさんいます。でも彼の「睡眠時間15分」はそれとは異なります。

「お客さんに喜んでほしい」を通り越して、仕事(天職)が好きだから平気。

こういったイメージを持ちましたね。

「仕事が好きだから」の中に「お客さんに喜んでもらえると嬉しい」という気持ちはもちろんあるでしょう。でもそれだけでは憑りつかれたように仕事はできないですよね。

15分睡眠でも人って動けるんだね

人間って本来の力を使っていないんだなと改めて感じさせられました。

さすがに「15分睡眠」を続けていたら身体を壊します。ゆっくりと休養することも必要なのは間違いないです。

でも、「やりたい!」と思えば人間は動けるんですね。これが「天職」に出会うということなのかなって。

私たちは、毎日余力を残して生きているんです。悔しいですねー。

彼と同じように全力で生きれる人のほうが少ないんでしょうけどね。わかっているのですがモヤモヤが残ります。

ドラクエならできるかも

睡眠時間15分で没頭できることってあるかな?と考えてみました。

きっと明日のことを一切考えなければ「ドラクエ」ならできそうです(笑)。

天職に出会うということは、ず~~~~~っと大好きなゲームをするようなことなのかもしれません。

そう考えるとますます「天職」を見つけた彼を羨ましく思います。

他人と比べることは愚かな行為なのはわかっています。それでもやっぱり羨ましいですね。

もちろん苦労もあるはずだし、人前だから元気にふるまうこともするでしょう。そういった裏の部分を見ていないから「羨ましい」なんて言葉を軽々しく使ってしまうのはわかっています。

でも「ドラクエ(天職)」をず~~~~~っと楽しみながら生きることができるってやっぱり素晴らしいですね。

「天職」に出会うなんて人はほんの一握りです。そんなに甘くないのはよく知っています。だからこそ「これが天職だ!」と思えることに出会えたなら、チャレンジするしかないですね。

まぁ諦めるくらいなら最初から「天職」ではないんでしょうけどね。

天職に出会う素晴らしさ

「天職」に出会うということは「夢」を持っていること。悔しいですけどこれしかないのかもしれません。

憧れの世界、好きな世界で俺は生きるんだ!」という夢を持っている人が「天職」に就けるのでしょう。

残念ながら夢を見ることを放棄した側の人間が「天職」に出会う可能性は非常に低いでしょう。でも余力を残して生きるのも悔しいですよね。

ドラクエを楽しむように仕事を楽しみ生きていく。ヒットポイントが残り2に毎日なりながらも、宿屋に泊まり明日も全力投球。そんな生き方ができたら楽しいだろうなー。

「天職」に出会うって素晴らしいですね。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です