SNSで「いいね」を集めたからって何か変わるわけではないよね

はい、どうも和歌山フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

SNS疲れの原因って結局「いいね」の数じゃないですか?「あいつの投稿には「いいね」が集まってんなぁ」と気にしすぎなんですよ。

SNSで「いいね」を集めたところで何か変わるわけではないですからね。

SNSの投稿って使い捨て

前回の記事でSNSがんばらなきゃ!なんて書いたくせに、今回は「いいね」を集めたからなんなの?って記事を書きます。

未来に向けてSNSをサボらずフォロワーを増やすことってめちゃくちゃ重要

「おい、早くも前言撤回か!」なんて言われそうですけどそうではないんですよ。

SNSに力を入れておいて損はないです。でもそれは「いいね」を集めるためにSNSを頑張るわけではないんですよね。

SNSの投稿って瞬間的に腐るんですよ。鮮度が超短いんです。

SNSの投稿は使い捨てです。そんな使い捨ての投稿の「いいね」を気にしていてもしょうがないんですよね。

「いいね」を集めるための投稿をしているから疲れるんですよ。動きが見せれたらそれだけで十分なんです。「今日も生きてます。忘れないでね」ってなくらいですね。

ブログのほうがやっぱりいい

最近ブログの更新ペースが明らかに落ちています。でもPVは上がっているんですね。

仕込んでおいた記事がGoogle先生の目に止まってきていることが原因です。

おかげさまで仕事もポツポツとブログからいただけるようになってきました。これがブログの効果ですねー。

つまり、ブログに書いた記事はSNSの投稿と違い腐らないんですよ。

たまにSNSへ長文を書く人いるじゃないですか?超有名人なら話しは別ですが、あれってはっきりいって読まれてないですよ。しかも苦労して書いた長文も一瞬で腐っています。

どうせ長文を書くならブログで書いたほうが間違いなくいいですよ。

共感→リツイート

SNSを頑張るのは「いいね」を集めるためではないんですよ。「俺ここにいるから!わすれないでね!」ってアピールをするイメージで使えばいいんです。

それと同時にブログや勝負投稿で「リツイート」を狙っていければ尚よしです。難しいですけどねー(笑)。「いいね」を集めてもなんの意味もありません。狙うは「拡散」です。

SNSの投稿は瞬時に腐ります。しかし、その瞬間を捉えることができたらあっという間に拡散されます。

この「拡散」が起こすためには「誰かにこの情報を伝えたい」レベルまで共感を生み出す投稿が必要です。

そのためにはやはりブログでしっかりと共感を生み出す内容を書くことが大前提なんですよ。

ブログの良いところは先にも書いたように、瞬間をとらえることができなかったとしても、記事は腐らないんです。これがSNSの投稿との大きな違いです。

SNSだけに投稿していたら、一瞬で過去に流される情報を大量生産するだけなんですよ。

まとめ

SNSを頑張るのは「拡散」を狙うためです。その可能性を少しでも上げるため日々「為になる情報」を発信しつづけフォロワーを増やすことが大事です。

結局はブログとSNSの両方の特徴を理解し、バランスよく育てていく必要があるということですね。

「いいね」を集める必要もなければ「いいね」で疲れる必要もないんですよ。

あ、私のSNS疲れは「リツィート」を生み出せないから疲れているんです(笑)。共感って難しいですねー。もっと修業が必要ってことですね。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です