【和歌山】湯の峰温泉でほっこり温泉卵と温泉○○を作ろうと思うんだ

はい、どうも和歌山移住フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

和歌山県田辺市本宮町に素敵な温泉があるんですよ。湯の峰温泉公衆浴場「つぼ湯」は知っている人も多いのではないですか?

でも今回は、湯の峰温泉公衆浴場「つぼ湯」の紹介ではないんです。湯の峰温泉でほっこり温泉卵と、新食感の温泉○○を食べてきたのでご紹介します♪

湯の峰温泉とは

湯の峰温泉近隣マップ

湯の峰温泉は和歌山県田辺市本宮町にある温泉です。街並みも素敵でシーズンには観光客がたくさんやってきます。開湯1800年の歴史があり、日本最古の湯なんて言われているようですね。

湯の峰温泉公衆浴場「つぼ湯」は参詣道の一部として世界遺産に登録されている、レアな温泉なんですよ。なんとつぼ湯は、湯の色が変化していくんだってー。しかもその数7色。不思議ですねー。

周辺には、九十九王子のひとつである湯峯王子があり、熊野古道を巡って「つぼ湯」でリフレッシュするコースは王道となっています。

温泉卵が作れるよ

湯の峰温泉で温泉卵を作ろう♪

湯の峰温泉は1800年の歴史ある温泉です。しかし今回は、公衆浴場「つぼ湯」に入ることなく、熊野古道を歩きもせず「食」を楽しんできました。

温泉の「食」といえば「温泉卵」ですよねー。湯の峰温泉の街並みを歩いていると、川沿いに「足湯風」な囲いがあるんですよ。

川沿いに足湯のような囲いを発見!

でもこれ足湯ではありません。ボコボコ気泡が出まくっています(笑)。足を突っ込んだらとんでもないことになりますよ。

温泉野菜を作ることもできる♪

この湧き出る気泡の正体は90度の熱湯です。ここで温泉卵を作ることができますよ。

卵は近隣のお土産屋さん?で購入することができます。今回は5個作ってみました。ちなみに卵を購入すると、「塩」と「殻入れ」もついてきます。ゴミは必ず持ち帰りましょう。

2軒のお土産屋さんがあります♪

放置すること数分。きれいな温泉卵ができました。ということで「もこみち風」に塩をかけておいしくいただきましたよ(笑)。

もこみち!

ほっこりとしたこの素朴な感じが最高ですね。野菜も売っているので「温泉野菜」を作るのも美味しそうですねー。

温泉カップラーメンにチャレンジ!

温泉カップラーメンを作ろう♪

温泉で作れるのは「温泉卵」だけではありません。今回は「温泉カップラーメン」にチャレンジしてきました(笑)。

温泉街を歩いていると、「飲用温泉水の販売」スポットを発見!

温泉売ってる♪

飲める飲用温泉水か・・・ならばこうだ!

蛇口から温泉が出る(笑)。

お湯の温度は・・・・65度くらい。はい、ぬるいんです(笑)。ですがこれが新たなカップラーメンの世界を切り開いてくれます。

待ち時間は3分では足らず、5分かかります(笑)。それでもまだ固い。そしてぬるい。

だがうまい!

想像してください。65度のぬるい温泉で作られたカップラーメンです。「うわっ・・・・」ってなることでしょう。私もなっていました。

「まじか・・・65度か・・・。これは完全ネタだな」と、情報発信者魂だけでカップラーメンに温泉を注いでいました。

しかしぬるいスープと固めの麺、そして温泉で作ったという特別感が合わさりうまいんですよ。新食感のカップラーメンですね。これ意外とありですよ。ただし自己責任です。クレームは一切受け付けません(笑)。

まとめ

「世界遺産のつぼ湯に入らず何やってんだ!」という声や、「本当は入ったんでしょ?どうせまたあとで書くんでしょ?」なんて声があるかもしれません。しかし本当にぬるいカップラーメンを食って帰ってきました(笑)。

湯の峰温泉は、我が家から軽く遊びいける距離なのでこんなことができます。観光できた人はせっかくなのでつぼ湯に入ってください♪

「あえてぬるい温泉カップラーメンを食べてやろうじゃないか!」というクレイジーな人だけ試してみてくださいねー。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

湯の峰温泉の宿泊施設 楽天トラベル

湯の峰温泉の宿泊施設 じゃらん

湯の峰温泉

所在地: 〒647-1732 和歌山県田辺市本宮町下湯川
電話: 0735-42-0735

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です