「影響力のある人」に感化され自分を見失うことなかれ!肝に銘じておきたいこと3つ

はい、どうも和歌山移住フリーワーカーのツジ(@nirlog_net)です。

先日フリーワーカーのご相談をいただいたので、早速打ち合わせに行ってきました。その方はめちゃくちゃ影響力のある人なんですよね。尖った部分がなく、大きな球体のようなイメージです。

その人柄の良さと、ぶれない軸を持っていることから多くの人が集まってきます。でもそんな「影響力のある人」との付き合いで「心がけなければいけないな!」と感じたことがあるんですよ。

こんな人になれたらな

誰だって影響力のある人に憧れをいだくものです。大好きなアーティストのファッションや、考え方を真似ることなんてごく普通のことですよね。

別に有名人じゃない人でも、周りに影響力のある人っていませんか?「こんな人になれたらなぁ」「こんな風に生きていけたらなぁ」と思うことも少なくありません。

特にこちら側の人間からしたらまぶしくて仕方ないです(笑)。一つ一つの発言に重みがあり、人にエネルギーを与えてくれますよねー。

このいただいたエネルギーを自分の中で変換して「自分もやるぞ!」となるのは素敵です。でも「注意しないといけないこともあるな」と感じるんです。

自分が強くなった気になるな

以前も書きましたが「群れ」って嫌いなんです。「一匹狼」を気取っているわけではないんです。群れると自分まで強くなった錯覚に陥ってしまうんですよねー。これが怖いんです。

このことに激しく後悔するんですよ(笑)。なんであんなこと言っちゃったのかなって。群れからでた自分に弱さを痛感しますよね。これなんとなくわかる人いるんじゃないですか?

影響力のある人との付き合いは、群れに似ているんですよ。言葉の一つ一つに重みがあるし「やる気スイッチ」を押してくれる貴重な存在なんです。

でもやる気スイッチを押してくれただけで、自分自身が何かをできるようになったわけではないんですからね。ここからが大事なんですよ。人が急に強くなるはずないですから。

自分を見失うな

影響力のある人の言葉は強いです。ダイレクトに心を揺さぶりますからねー(笑)。でも揺さぶられて自分を見失うこともあるんですよ。自分を見失い、影響力のある人の言葉で行動を決めてしまっていては、他人に決定権をゆだねたことになりますから。

このことは原発問題の時に感じました。脱原発は本当にあなたの考えなんでしょうか。

  • theHIATUS、MONOEYSの細美武士
  • ACIDMANの大木信夫
  • ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文

今も彼らの音楽は好きです。それ以上に個人としての発言が好きなんですよ。彼らはみんな「脱原発」の考え方を持っています。

でもその影響力の強さから、彼らのファンは「あの人が言うから脱原発だ!」と言ってしまっているように感じるんですよねー。このことに影響力のある人との付き合い方を間違えると「危険だな」って感じるんですよ。

  • あの人が言っているからこうだ!
  • あの人が言っているから反対だ!
  • あの人が言っているから間違いない!

完全に自分を見失っていますよね。影響力のある「あの人」は、あくまで「あの人」です。自分ではないんですよ。自分の考えはどこにあるのでしょうか。

自分のできることをコツコツと

影響力のある人も、いきなり今の姿になったわけではないんです。誰から何を言われても「自分はこうだ!」とコツコツ生きているからかっこよくて、敵と味方の両方を作っていくんですよねー。

影響力のある人と一緒にいるからといって、自分がその人になれるわけではないんですよ。逆にコピーロボットのような「それっぽい人」になってしまうだけですよね。

別にかっこよくなくたっていいんですよ。キラキラしなくてもコツコツと自分で決めて進んでいけばいいんです。学ぶところは学ぶ。でも「その人になろう」なんて考えは捨てましょう。

まとめ

本人が気づいていないだけで「影響力」を身にまとっている人が増えてきているように感じますね。まだまだ「こうなくてはいけない!」空気は社会に蔓延していますが、「それっておかしいよな?」と気づき始めている人の存在も目立つようになってきました。

主夫やニート、引きこもりや鬱に悩む人にも優しい社会に少しだけ近づいているのかなって。この流れはもっと加速していほしいですねー。

だからと言って「影響力のある人」と同じにならなくていいんですよ。コツコツと自分のできることをやっていきましょう。それが自分の人生を生きることに繋がるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です