【ブログ初級編】タイトルを考える時間はもったいない!直球勝負するべし!

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

今回は【ブログ初級編】です。「ブログはタイトルがすべて!」なんてよく言われています。たしかにタイトルをみて「おもしろそう!」とクリックしてしまうことも多々あります。

「検索を意識してキーワードを入れなさい」という情報も溢れています。確かにそれもわかります。

でもこんなことばかり考えていたら手が止まってしまうんですよ。ブログを始めたばかりなら、タイトルは直球勝負でいいですよ。

「ブログタイトルつけ方」の情報が多すぎる

ブログをはじめてしばらくすると、Google先生にいろいろな質問を投げかけるようになります。すると決まって出てくるのが「ブログタイトルの重要さ」です。

ブログタイトルをつけることに時間を使え!」って多くの人が言っているんですよねー。でもブログを始めたばかりなら、タイトルよりも書くことのほうが大切ですよ。

ブログタイトルの情報が多すぎて手が止まってしまうのはもったいないです。書くことに慣れていかないと、いつまでたっても更新スピードが上がらないですからね。

作業時間の長さによるイライラから「ブログの更新やめた♪」となりかねません。

だからと言って適当に「本日の日記」なんてつけてはさすがにダメです。ブログタイトルの付け方に悩んでいる人へちょっとしたコツを紹介します。

ブログタイトルに時間を使わずつけるメリット

ブログタイトルに時間を使わないメリットは2つありますね。「とにかく手が止まらないということ」「内容重視で書けること」です。

テンポよく書ける

リズムって大事ですよ。ポンポンポ~~ン♪って書いてしまうイメージですね。

でもこのリズムが、タイトルに時間をかけることでポポン・・ポ・・・ポンってなってしまうんですよ。このリズムでは勢いに乗ることができませんよね。

内容に力を入れることができる

タイトルが面白くても、内容がスカスカな記事を読んだことないですか?あれってやっぱり残念ですよね。本来ブログは内容が大事なんですよ。にもかかわらずタイトルばかりが煽り気味で、内容は「しょぼ~ん」ではダメなんですよ。

ブログを始めたばかりならタイトルよりも内容です。あなたの想いを詰め込みましょう。

ブログタイトルのコツ

ブログタイトルをパパッとつけるには直球勝負が一番です。「このことについて書きたいんだ!」ということをズバッとタイトルにいれてしまうんです。

そうすれば「今日の日記」なんてタイトルにはなりませんから。

【ブログ初級編】タイトルを考える時間はもったいない!直球勝負するべし!

今回のタイトルです。一切こねくりまわしていないです。このタイトルで「爆裂にクリックされるか?」と聞かれれば爆裂ではないですね(笑)。同じ内容でも上級者が考えたタイトルのほうが読まれるでしょう。

しかし、このタイトルには1分もかかっていません。今回の記事で書いていることをズバッと直球勝負しただけです。

  • ブログを始めたばかりの人
  • ブログのタイトルに困っている人
  • ブログタイトルを簡単につけたい人

こういった人にむけてズバッと投げ込みました(笑)。超簡単じゃないですか?いくつか例を挙げてみましょう。

例1 ボールペンについて書きたいとき

「3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー」というボールペンについてのブログを書こうと思ったら、そのボールペンの商品名をズバッと投げ込んでやればいいんですよ。

3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー

この時点で、「あ、この記事は3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビーについて書かれているんだな」って想像できますよね。しかし、さすがにもう少し情報が欲しいところです。

このボールペン私も使っているんですよ。安くて書きやすいんです。ですのでこうします。

3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビーが安くて書き味最高!

ここまで書けば「3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー」は安くて書き味がいいのかってなります。

興味がある人なら「もう少し詳しく教えてよ」ってなりますよね。0.5が本当に書き味最高ですよ。ジェットストリームはナイスです。

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー

新品価格
¥280から
(2017/6/6 08:43時点)

例2 体験を書きたいとき

ブログを書くって自分の体験を書くことが多いです。そんなときもズバッと直球勝負です。

旅日記ならズバッと地名を書きましょう。「本日の日記」より「和歌山県那智勝浦町での旅日記」のほうが100倍内容が伝わります。

といってもさすがにこれでは具体性が弱いのでこうします。

【旅行記】和歌山県那智勝浦町のマグロが美味すぎた話

  • 旅日記
  • 場所
  • 食べたもの
  • 感想

これらを直球勝負で投げ込むとこうなります。具体的に書きたい内容をタイトルにぶち込むだけです。

例3 問題を解決する方法を書く場合

あなたが体験して「こうすれば問題が解決したよ!」ってことを記事にする場合も同じです。朝起きる方法を書こうと思ったら「朝起きる方法」とまず直球で書いてしまいます。

もう少し情報を追加しましょう。追加するヒントは5W1Hです。聞いたことないですか?

  • 「いつのこと?」(When)
  • 「それはどこで?」(Where)
  • 「だれがそのことをしたの?」(Who)
  • 「なにをしたの?」(What)
  • 「なぜそれをしたの?」(Why)
  • 「どうやったの?」(How)

この6つの要素で使えそうな情報を追加します。

すでに「いつ?」は入っています。朝ですよね。「どこ?」を追加するなら「布団やベッド」ですね。「朝布団から飛び起きる方法」ってところでしょうか。

「だれが?」ってところはやっぱり読者です。「朝寝坊さんが布団から飛び起きる方法」です。

「何を?」は「起きる方法」です。「なぜ?」は遅刻しないためにしましょうか。「朝寝坊さんが遅刻阻止のため布団から飛び起きる方法」です。

最後は「どうやって?」です。「朝寝坊さんが遅刻阻止のため目覚まし3つを使って布団から飛び起きる方法」となります。

さすがに長いです(笑)。理想は32文字なんて言われていますが気にしなくていいですよ。この記事のタイトルも32文字を超えてますから(笑)。あくまで目安として覚えておきましょう。

全ての情報を追加しなくてもいいんです。いくつかの情報を、5W1Hの中から追加すれば簡単にタイトルをつけることができますよ。これはすべてのシュチェーションで使えますので活用してくださいね。

違和感を出してみる

最初のうちは基本的に直球勝負のタイトルで十分です。私もいまだに直球ですからね(笑)。

というか最近ブログのタイトルって似たようなものばかりですよねー。Google先生の情報をそのまま使う人がいるから、こんな現象が起きているんですよ。

ですのでひねくりまわさず、「あえての直球勝負が逆に新鮮かな」って思ってます。これは個人的趣味なので参考までに(笑)。

でも少しだけ個性というか違和感をだすと面白いですよ。

今回は「べし」を使っています。「ござる」や「の巻」なんてのも使いますね。特に意味はないんですけどね。ちょっとだけ違和感が感じるようにしています。

【ブログ初級編】タイトルを考える時間はもったいない!直球勝負しよう!
【ブログ初級編】タイトルを考える時間はもったいない!直球勝負するべし!

「しよう!」より「するべし!」のほうが、ちょっとだけ違和感ないですか?この違和感をプラスすれば生の声っぽくなりますよね。

ブログは人が書くものですから、書いている人の顔が少しでも想像できたほうが楽しいです。

まとめ

一歩踏み込んだタイトルの考え方は中級編で書きます。私が上級になってからなんでしばらく先の話ですけど(笑)。いろいろと検証してみてナイスな方法を見つけたらまた紹介します。

とりあえず最初は直球勝負でブログのタイトルは問題ありません。とにかく書いて、内容を充実させていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です