節約効果大!プランター栽培のバジルと薄力粉でピザを作ってみた

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

最近プランターで育てている野菜たちの成長がとても楽しいんですよ。そんな中で、相変わらずグイグイと成長しているのがバジルです。

香りのよいバジルって料理のアクセントになってくれます。今回はそんなプランター栽培のバジルと薄力粉でピザを作ってみました。節約効果も高いですよ。

バジルの使い方に悩んだら

放置でグイグイと育つバジルです。しかし普段使いなれないバジルなので、収穫しても、どう使っていいかわからなくなっていませんか?私もちょっと悩んでました(笑)。

そこで今回は収穫しすぎたバジルを使ってピザを作ってみたんです。ピザって生地を作るのが面倒なイメージがありますよね。「粉を用意して、生地を練って発酵させなきゃ」って思っていませんか?

実はいつも使っている薄力粉で、十分においしいピザが作れたんです。しかも発酵させる必要もないのでパパッと作ることができます。いつもの薄力粉だけなので材料費もかかりません。節約している人向けですよ。

これだけ簡単で材料もいらないなら、いつでも作れますからね。バジルもガンガン消費できます。

生地を作ろう

ピザを自宅で作らないのは「生地を作るのが面倒」と思いこんでいるからではないですか?実は強力粉、ベーキングパウダー、イーストを使わずに、いつも使っている薄力粉だけで美味しい生地が作れちゃいます。

材料

材料はこんなところです。2枚分ですね。

  • いつもの薄力粉150g
  • 塩 少々
  • オリーブオイル 大さじ2か3くらい
  • 水 60ccくらい

これだけでできます。オリーブオイルが多めなのが個人的には好きですね。

ピザ生地の作り方

作り方はいたって簡単です。

  • いつも使っている小麦粉を準備します。
  • 材料を入れます。
  • こねます。
  • 完成!

これだけです(笑)。水はゆっくりと加えながら調整してください。後はお好みの厚さに伸ばして具材をトッピング、200℃で予熱したオーブンで15分~20分ほど焼くだけです。

今回私たちは手で伸ばしてみました。この作業はお子さんが好きそうですねー。家族とワイワイやりながら作っても楽しそうです。

もちろんボッチでも、無心で生地をこねくり回せばストレス解消にもなります(笑)。趣味ピザ作りってかっこいいですねー。

この生地を伸ばす作業は、ピザ屋でバイトしていたときのことを思い出しましたね。

みよ!この手さばき!

やぶれちまったぜ・・・。薄力粉のみの生地は伸縮性が弱いので注意しましょう。

私は耳付きのタイプ、相棒はクリスピータイプの生地を作りましたよ。

ちなみに具材は市販のトマトソース、チーズ、ニンニク、ウインナー、そして自家製バジルのみです。

いざ実食

まずは耳付きタイプから実食です。さすがにふんわりとした食感はないですね(笑)。せっかくの耳もカリカリになっていました。

しかし、味はグッドです。ピザ生地として十分じゃないですかね。バジルが残念な感じになってしまいましたが、香りは残っていました。もっと大量に使ってもよかったかも。

続いて相棒が作ったクリスピータイプです。強力粉、ベーキングパウダー、イーストを使わずに作るならクリスピータイプが正解ですね。

カリッとした食感がシンプルな具材にマッチします。バジルに関しては同じく「しょんぼり」としてしまいましたが、美味しかったですよ。「バジルソースを作ってかけるのもありかな」って感じです。

いや~、やっぱりピザは美味いですね。しかも強力粉、ベーキングパウダー、イーストを使わずに作れますからね。休みの日にパパッと作って、昼間から麦ジュースを飲む!こんな休日をおすすめしますよ。

まとめ

外でピザを食べると高いじゃないですか。もちろん美味しいんですけど、1000円だして頻繁にピザを食べることはできないです。でも自分で作れば100円くらいで作れます。

それこそピザソースも自分で作れば、もっとコスパはよくなりますね。これからの季節はバジルだけでなく、プチトマトやピーマンも収穫できますからね。トッピングが充実してきます(笑)。楽しみですねー。

バジルの消費に困ったら、ピザを薄力粉のみでパパッと作るおがおすすめですよ。フライパンでも焼けますからね。ぜひ試してくださいね。それでも消費できないようならドライバジルを作りましょう。

簡単すぎでしょ!プランター栽培のバジルでドライバジルを作ったよ

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です