「鬱の診断書」は賢く使わないと身を亡ぼすから超危険だよって話

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

なんだか心が重たいなぁ」と心療内科に受診すると、「軽度の鬱ですね」なんて診断されることがあります。

これにより「あー、やっぱり私は鬱だったんだなぁ」と証明されます。こんなときはやっぱり休むのが一番です。

でもこの「鬱の診断書」は使い方を誤ると、超危険なんですよ。かえって立ち直りが遅くなるし、今まで以上に打たれ弱くなってしまいます。

鬱を自分で作り出していませんか?

もちろん最初は外部的な要因で鬱になることがほとんどです。「きっかけ」が引き金となり、溜まっていたものが爆発する。そんな感じです。

もともとメんタルが弱めの人、強いと思い込んでいたけど実は弱い人。多くの人が爆発寸前です(笑)。誰もが「引き金待ち」の状態なんですよ。

しかし、鬱と認定されてしまうと最初は外部にあった要因が「内部的要因」に変化していくこともあるんです。それがこれです。

私は鬱だから・・・

こうなってくると、悪循環に陥ってしまうんですよね。これが超危険なんですよ。こんなツイートを見かけました。

あー、これめちゃくちゃわかるなぁと感じましたね。

鬱と証明されるデメリット

鬱と証明されることで、今まで溜まっていたものが一気に流れます。せき止めていたダムが崩壊する感じですね。自分では「鬱かもしれない」となんとなく感じてはいたけど、専門家から「鬱です」と証明されるとやっぱり違いますね。

早期回復を遅らせる

崩壊してしまったダムを、すぐに元へと戻すことはできないんですよ。ひょっとしたら証明されないほうが早く改善するなんてこともあるんじゃないですかね。

「鬱かもなぁ」と感じた時点で「少し休むか」と心と体を休めていれば、比較的早く「またがんばるか!」とエネルギーがもどってくることもあります。

しかし、鬱と証明されダムを一度崩壊させると、その後の修復作業には時間がかかってしまいます。

復活のチャンスを逃す

鬱と証明されることで、「私は鬱だから」と言い訳が一つ増えてしまいます。もちろん鬱になればしんどいです。だからといって、言い訳にしてしまうとなかなか復活することはできなくなります。

復活のきっかけは意外と落ちているんですよ。でも「私は鬱だから」という言い訳でその復活のチャンスを自ら逃してしまいます。

鬱なのは事実ですので、ゆっくり休むことが必要です。しかし、一生そのままの状態を続けたくはないはずなんですよね。にも拘わらずそのチャンスを逃してしまうのはもったいないです。

劣等感が倍増する

心療内科で鬱と証明されれば、当然なんらかの薬が処方されます。医師に言われた通りに薬を飲むことも大事です。しかし、このことが劣等感を倍増させるんですよね。劣等感については以前も書きました。

「どうせ私なんて」という劣等感が自分の首をさらに絞めつける件

  • 薬を飲まなければ眠れない。
  • 薬がなければ日常生活をすごすことができない。

こういった劣等感に悩まされるようになります。風邪などであれば「この薬を飲めば治るか♪」と薬を飲みます。しかし、鬱の薬は少し違います。「薬を飲む」ということがダメージになってしまうこともあるんですよね。

うまく薬と付き合える状態なら薬は効果的です。しかし、劣等感により、薬とうまく付き合えないようになる可能性もあるんです。

鬱による診断書のメリット

鬱診断書のメリットも書いておきます。

  • ゆっくりと休む武器になる
  • 少しだけ「自分はこんな状態なんだ」の証明になる

こんな感じですね。

ゆっくり休む武器になる

職場を簡単に放棄するなんてことはなかなかできません。やはりお金をもらっている以上は責任が付きまといます。

そのことから「休みたいけど休めない」と鬱を悪化させてしまうこともあります。こんな時は心療内科を受診し、鬱の診断書をもらいましょう。

ちゃんと症状を伝えれば「適応障害」の診断書をゲットできます。この診断書があれば、ゆっくりと心と身体を休めることができますよ。しかも傷病手当ももらえますからね。

症状を伝える武器になる

鬱に悩まされていても、誰かにその症状を伝えることができません。怪我などの見える症状があればそれだけで説得力があります。鬱は心の病であり、症状を理解してもらうのは大変です。

  • 動けない
  • 起きれない
  • 眠れない
  • ボーっとする
  • 泣けてくる

こんなことを鬱未経験者に伝えても「は?なにそれ?」となりますからね。鬱の診断書があれば少しだけ説得力が増します。

家族や職場、大切な人へ今の自分の状況を伝えるのに、鬱の診断書は少しだけ力となってくれます。

まとめ

鬱の診断書はうまく使わないと危険です。コントロールができなければ「鬱である自分」に価値を見出してしまいます。

やっぱりそうではないんですよ。心が軽い状態で毎日を過ごせることのほうが、圧倒的に素晴らしいことです。鬱の診断書の取り扱いを間違えることのないよう注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です