【30代向け】自分の波を知り、乗りこなすことの重要さをわかりやすく解説

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

昨日からちょっとメンタルモードがよろしくありません(笑)。相変わらず波が激しいです。まぁ、これくらいならすぐ復活できそうですえどねー。

別にこれといって原因はないです。ちょっと「がんばらなきゃなー」という想いが強くなっていたぐらいですね。自分の波を知り、乗りこなすことは大切だなって話です。

自分の波を知ること

メンタルの波が安定している人が羨ましいですねー。私のような双極タイプはうねりまくっていますからね(笑)。でもそのことは自分自身でよく知っています。付き合っていくしかないんですよね。

このブログは社会不適合者むけのブログです。そして私自身へのメッセージでもあるんですよね。昨日書いた記事もそうです。

「どうせ私なんて」という劣等感が自分の首をさらに絞めつける件

この記事なんかがまさにそうです。自分がこういった「劣等感モード」に入ってきているので、ストップをかけるために書いたりします。

波が底モードのときに何をしてもうまくいきません。空回りするだけですよ。自分が今どのモードにいるかを知っておかないと「頑張りすぎてしまう」ことになってしまいます。こうなると立ち直るのに時間がかかってしまうんですよね。

自分のメンタルの波を知り、乗りこなすことは、とても大切なことですよ。

記録を残して波を判断

自分の波を知るのに「記録に残す」って便利です。私はブログやツイッターで判断しています。

こんな生活をしている以上、「自分のペースで」なんてやっていたらすぐに追い詰められてしまいます。「自分のペース以上で考え、行動しなければなぁ。」なんて不慣れなことを思っていました(笑)。

順調といえば順調だったんです。計画通りに物事が進んでいました。しかしその順調な流れが崩れだすと一気に落ちますね。そのことが自分で書いたブログが教えてくれます。

この記事を書いていているあたりが黄色信号です。

イカの短冊を餌にして釣る!コスパ最強の餌で釣れる魚たち

蟻?蚊?ダニ?原因不明の虫刺されに悩んで実行した苦肉の策3つ

あきらかにテンションが高いですね。自分のキャパを超えた書き方です(笑)。その結果こうなるわけです。

ブログを「楽しいから」だけで更新するのは嘘っぱちな件

タイトルからして棘のある記事ですね(笑)。ここで完全に落ちてます。非常にわかりやすい波がブログで感じ取ることができますねー。

ということでちょっと復活待ちの状態ってことです。

ブログ、ツイッター、日記なんでもいいですよ。何か記録に残しておくと、自分の波をつかむ判断材料になりますからね。

自分の波を知るって大事

最後にもらった診断書は「双極性障害」です。といっても3、4年ほど前ですけどね。今ではわりと安定していますよ。双極性障害とまでいかなくても、「メンタルに波があるなぁ」と自分で感じている人も多いのではないでしょうか。

この波を知るって結構大事です。安定している人はガンガン前に進んでください。でも安定していない人がガンガン前に出るとケガします(笑)。

面倒くさいですけどね。波に合わせた行動をしていくしかないんですよ。

絶好調の時

おぉ!今ノリノリだぜ!」って無敵モードの時は、やるべきことを棚おろしして、難しいことから片づけておきましょう。なんせ無敵モードですからね。スターを手に入れたマリオです。

しかし誰もが経験したことであろう、「スターを手に入れ調子に乗っていたら、転落してゲームオーバー」ってこともあるんですよ。もしくは「スターの効力が切れた瞬間ノコノコに激突」ってことも経験していることでしょう。

まさにあの状態です。絶好調の自分を信じてはいけません。もちろん「今のうちに片づける!」ということは大事です。しかし、この無敵モードの反動は大きいですからね。

もちろん大事な決断をするときではありません。ある意味一番自分を信じてはいけないモードです。絶好調モードの決断に後悔するってことも多々ありますからね。

普通モードAとB

淡々と作業ができるモードです。大事な決断はこの普通モードの時におこないましょう。一番冷静なときですので、モード転落のことも視野に入れながら、先手を打てるところは打っておきます。

普通モードにはAとBがあります。マリオで例えるなら「ファイヤーボールを打てるのがA」,「大きくなっただけのマリオがB」です。

Aの状態ならコツコツと敵(やること)をやっつけることができます。陰からファイヤーボールを打ち込んで、コツコツとノコノコをやっつけましょう。

しかし、モードBになってしまったら注意です。ワンダメージでチビマリオになってしまいますからね。できるだけ目立った行動は控えて、簡単なタスクに切り替えましょう。難しい作業に取り組むとすぐに転落してしまいます。

落下モード

マリオで例えるならチビマリオです。一撃で死んでしまいます(笑)。とにかく慎重にすごさなければいけません。まずはキノコをゲットして、普通モードに戻ることだけを考えましょう。

この時取るべき行動は「5分でできることをやる」と「休むこと」ですね。無理は厳禁です。この状態でクッパに挑もうなんて無謀です。

確実にクリボーを踏みつけながら、キノコの出現を待ちます。

共通点

どのモードにも言えることですが、崖から落ちたら死にます(笑)。絶好調モードでも一気に死ねることもありますからね。そのことは頭の片隅にいておかねばなりません。

しかし逆を言えば、どのモードからでも上がることはできます。焦らず状況に合わせて、普通モードAをキープできるようにコントロールしましょう。

まとめ

自分の波を知ることって本当大事です。波を把握していないと、チビマリオでクッパに挑んでしまいます。待ち受けるのは「高確率の死」ですね。

もちろん無理やりにでも体を動かし、チャレンジするのも一つの手です。「クッパを飛び越えてクリアする」なんてこともありますからね。しかしリスクを踏まえたうえでチャレンジしましょう。

自分の波を乗りこなすには、波を知り状況にあった行動をすることが一番ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です