田舎でクラウドワーカー実践2日目!時給「700円」まで上昇したよ

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

田舎でクラウドワーカーやってみた企画2日目です。3時間×1週間でいくら稼げるかを検証しています。

初日はなんと3時間で1000円、時給333円と厳しい金額でしたが本日は少しまともになりました。本日は2時間45分くらいの作業時間で2100円、時給換算で700円でした。

田舎でクラウドワーカー2日目

先日の内容はこちらからどうぞ。

田舎でクラウドワーカーやってみた1日目!なんと時給333円! | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

先日はおもにタスク業務と固定報酬の仕事探しを中心におこなったため、このような結果になっています。しかし本日は先日受注した案件がありますので確実に金額はアップするのはわかっていました。

今日の仕事はこんなところです。

  • 記事執筆2件
  • タスク2件
  • 新規受注案件の準備
  • 新規案件への応募1件

2日目なんで、安定はするはずないんですけどね。やっぱり仕事が切れました(笑)。

まぁこれも、受注先が安定してくれば問題は解決ですね。ちょっともう少しだけ増やそうと本日軽めの案件に応募しておきました。

これで2時間45分ほどの作業です。途中でおさぼりしたのは内緒です(笑)。

クラウドワークスでの仕事の応募方法

先日までにプロフィールが入力されていることを前提で進めますね。まだの方は先にプロフィールを埋めてください。詳しくは先日の記事をチェックしてくださいね。

まずは仕事を探す画面で経験不問ボタンを押します。ここから自分でもやれそうな仕事を探します。まずは実績を作るために、とにかく簡単にできそうな案件を選びましょう。

単価はできれば0.1円以下は避けたいところですが、あまりにも受注ができないようだったら実績のためと割り切って作業しましょう。

チャレンジしたい案件があれば応募ボタンをおします。この前にちゃんと募集要項を確認しましょう。発注者によっては過去の記事の添付や、自己紹介、業務可能時間などの質問がある場合があります。

指定された金額を入力後メッセージを入力します。

こんな感じで、ひな形があります。ありますが私は使っていません(笑)。

ちゃんと挨拶して、どうぞよろしくお願いします。くらいですね。基本的なビジネスメールのイメージです。私はこのブログのURLを一緒に送ります。日常的に書いている人だなっていうことを伝えるためです。まぁ、単価が低い案件なら過去記事を求められることも少ないですよ。

基本的なやりとりができれば問題はないはずです。まちがっても「おっす!おらツジタケシ!ちょっと仕事させてくんねぇかな。腹減ってんだ!」みたいなメッセージは送らないようにしてくださいね。

ねらい目の案件目安は?

以前にもまして単価が下がっていますからね。なかなか厳しいです。しかしさすがに0.1円以下はないでしょ。できれば0.3円~0.5円で1000文字くらいが最初は書きやすいですね。もちろんこのくらいの案件が受注できなければ、単価を下げるしかないですが。

最近ではGoogle先生が文字数を重要視するなんて言われていますので2000文字、3000文字の案件が増えています。もちろん5000文字オーバーの案件もゴロゴロしています。しかし、いきなり5000文字を発注者の指示通りに書くのは結構大変です。ちなみにこの記事で2000文字くらいですね。

0.3円~0.5円の案件を継続して書いていると単価アップをしてくれたり、別の案件を紹介してくれたりします。単発の案件より、やはり継続案件を狙ったほうが、仕事探しをする時間も減り効率が上がります。このあたりをコンスタントにこなしていけるようになれば、時給換算で800円くらいは狙えます。

まとめ

クラウドワークスの登録がまだの方はこちらからどうぞ。

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

明日は和歌山県の最低賃金753円を狙っていきます。単純に考えても本日の作業を30日繰り返せば60000円ですからね。そう考えると生きるための収入にかなり近づいていることがわかります。本日も3時間しかしていませんからね。6時間なら120000円です。

こんないうまくはいかないですけどね。コツをつかめば可能なことはわかってもらえると思います。さて明日はどうなることやら。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です