お金の悩みは「お金さえあれば」という考えを小さくしていけば解決できる

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(nirlog_net)です。

大人になると、ほとんどの人が「お金の悩み」に直面してしまいますよね。もちろん現在進行形で、私もお金の悩みを持っています。

お金ってなんだろう?なんでお金で悩むのだろう?と考えてみました。それは「お金があれば」の占める割合が大きいからということに気づきました。

お金で悩む人の共通点を考えた

「毎月お金がどうしても足りなくなるんだ~!」と頭を抱えている人多いですよね。私ももちろんそうです。自動車や、住宅ローンを組んでいる人はもっと大変なんだろうなぁ。

たかが紙切れ、されど紙切れ。残念ながらその拘束力は強いですよね。

  • 欲しいものが買えない
  • 食べたいものが食べれない

こういった悩みは大きなストレスになります。場合によってはお金の悩みで自殺してしまう人もいるくらいですよね。本当お金って恐ろしいです。

お金の悩みを持つ人の共通点は「お金ありき」で物事を考えてしまうのではないでしょうか。「お金ありき」になると、「お金」のために生きなくてはならなくなってしまうんですよね。

お金ありきの考え方からの脱却

お金ってただの紙切れです。「モノ」と交換する重要な役割をもっているにも関わらずぺらっぺらです。マジでこんなペラッペラなやつらに心を握られるのはくやしいですよね。

このぺらっぺらを集めるために汗水流して働いている私たちってなんなんでしょう(笑)。

お金ありきの考えを持てば持つほど悔しさは倍増します。そして「悩み」へと変化していきます。

  • 金で解決できないものはない
  • 金さえあればなんでもできる
  • 結局最後は金なんだ
  • 金だ金だ金だ~~~~~!!!

確かに正論です。きれいごとじゃないですからね。なんといっても「モノ」と交換する重要な役割を持っているんですから。生きていくには必要です。

しかし、この「お金があれば」が100%かといえばそうでもないと思うんですよ。「お金があれば」の占める割合を下げれば下げるほど、悩みは軽減していきます。

ですので私たちは「お金があれば」の占める割合を下げることに力を使う必要があるんです。

生活コストを計算する

実際にいくらあれば生活できるか自分自身で把握していますか?まずはやっぱりここからですよ。ちなみに私は15万円必要です。

【田舎暮らし】年収150万円で田舎暮らしは可能なのかを検証 | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

ざっくりでいいのでこの生活コストを計算しましょう。はじき出される金額はもちろん人それぞれです。ですが、この金額が低ければ低いほどお金の悩みから解放されやすいことは確実ですね。

生活コストが高い人って、それだけ「モノ」に恵まれていないと満足できない体質になってしまっているんですよ。これはある意味社会が作り出したものなんですけどね。

経済成長なんていらない!本来の姿を取り戻し豊かになろう♪ | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

「モノ」を消費することに導かれてしまっているんです。ですのでこれを機会に、「これがなくても大丈夫じゃね?」というポイントも見つけておきましょう。次のステップに進みやすくなります。

不要な「モノ」にお金を使わない

生活コストを計算すれば、自分にとって「必要なモノ」「不要なモノ」が見えてきます。これもまた人それぞれです。私にとってファーストフードは不要なモノですが、「タバコ」「ビール」は必要なモノです。

「おい、タバコ、ビールやめればいいじゃん」って声もあると思いますが、ここがポイントなんです。

節約ではなく、「不要なモノ」にお金を使わなくするだけでいいんです。

節約はもちろん大事です。しかし、「節約」をしようとするから継続できずに振出しに戻ってしまうんですよね。何度も失敗している人なら「あ、そうかも!」と思えるんじゃないですか。

この「必要なモノ」「不要なモノ」リストを自分で持っておき、「不必要なモノ」を衝動的に買わないようにすればいいだけです。

女性なら「マツエクは必要なモノ」、「ブランドコスメは不要なモノ」のような感じで、一度机に向かってじっくりと仕分けしておきましょう。

最後は結局稼がないといけない

最後は結局稼ぐしかないんですよ。必要なモノは「買う」か「作る」の選択しかないですからね。

作れるものは作りましょう。でもどうしても作れないものはあります。それを手に入れる方法が今のところ「お金」なんですよね。

しかし「計算した生活コスト以上に稼がない」って決めてしまうと楽になりますよ。生活コストが低い人ほどお金の悩みから解放されやすいというのはこういうことです。

5万円で生きれる人と50万円なければ生活できない人。どちらがお金に縛られるかは明白です。単純に10倍お労働力が必要になるわけですからね。

ミニマリストは完全に超有利ですね。「モノがなくても幸せを感じることができる」って素晴らしいです。素敵な景色に癒される心があれば「幸せコスト」もかかりません。あとは「必要最低限なお金をどう稼ぐか?」だけに集中できます。

大きく稼ぐには体力、時間、知恵が必要です。しかし小さく稼ぐのに必要なのは、特技、好きなこと、興味があること、やってみる勇気です。例えばこんなことができますよ。

ココナラ似顔絵、占い、相談なんでも500円で販売できる

似顔絵が得意な人はここで販売してみてはどうですか?

【登録無料】「得意」を生かして副業しませんか?ココナラ

minne(ミンネ)かわいい手作り雑貨の販売

ハンドメイドができるならこんなサービスもあります。

ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

BASEなら無料でネットショップが開業できるだと?

使い方は無限大です。「おじさんレンタル」なんてやっている人もいます。無料のネットショップ開業サービスです。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要

得意なことで補ってみよう

色々便利なサービスがあります。もちろん作っただけ、登録しただけでお金が稼げるわけではありません。購入してもらう工夫も必要になってくるでしょう。

でも特技や好きなこと、やりたいこと、伝えたいことが「お金」に繋がるなら楽しくないですか?もちろん副業として、足りない生活コストを「得意なこと」で補うのもありですよね。

まとめ

残念ながら私には「特技」がないんでこうやってブログを書いています。これも一つの手段ですよ。「書く」ということをお金に変えることもできます。

お金の悩みは辛いです。すぐに解決できることでもないです。でも少しずつならお金の悩みを軽くすることはできるんですよね。実際今の私がそうですから。

お金があれば」の占める割合を小さくしていきましょう。そうすれば快適な暮らしが戻ってくるはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です