【和歌山県】新宮市に頭がキーンとならない絶品かき氷を発見!

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(nirlog_net)です。

夏といえばかき氷、夏じゃなくでもかき氷。そんな、「かき氷が大好き人間」に朗報です。

和歌山県新宮市新宮にある「仲氷店」では1年中ふわっふわな絶品かき氷を食べることができますよ。噂には聞いていたんですけどねー。本当に「頭ががキーン」となりませんでした。これは遠方からでも訪れて食べる価値がありますよ~。

日本の夏といえば「かき氷」です。街にはいたるところに「氷」の文字が並びますよね。しかし、そのような数多くあるかき氷ですが、「本当に美味しいかき氷」って少ないと思いませんか?

氷の食感、シロップなどシンプルなかき氷だからこそ、こだわりが込められたかき氷は絶品です。しかも、かき氷を食べると「頭がキーン」ってなるじゃないですか。あの「キーン」がなければさらにかき氷を楽しむことができますよね。

本当に美味しいかき氷を食べたいなら、今回紹介する仲氷店のかき氷を食べてみてください。「なるほど!こういうことか!」と納得してもらえるはずですよ。

頭がキーンとならない理由

かき氷といえば「頭のキーン」となるのはつきものです。かき氷はそんなものだ!と思い込んでいましたが、あの「キーン」には理由がありました。

仲氷店のかき氷は「アイスクリーム頭痛」になる前にとろけちゃう

かき氷を食べて頭がキーンとなることを「アイスクリーム頭痛」というそうです。このネーミングはどうかと思いますけどね(笑)。

かき氷は冷たい食べ物です。この冷たさの度が過ぎると、脳が混乱してしまうそうだ。

混乱してしまった脳は「冷たい」を「痛い」と勘違いし、血管を収縮してまうので「キーン」となるんだって。

しかも勘違いから炎症まで起こしてしまうこともあるそうですよ。血流の変化。これが「キーン」の原因です。

つまり仲氷店のかき氷は、そのような「過度の冷たさ」を感じる前にとろけてしまうんですよね。極薄に削られた良質な氷は「ふわっふわ」です。口に運べば一瞬でどこかに行ってしまいます。

頭がキーンとなるかき氷に共通に言えることは、ガリガリしていて、氷が良質ではないことです。口の中でいつまでも冷たさが残るかき氷が「アイスクリーム頭痛」を引き起こしているんですねー。

氷へのこだわりが半端ない!

店内を見渡していると、あちこちに有名人や芸能人が訪れた形跡があります。そんなサインに紛れてしまっていますが、仲氷店の氷へのこだわりがわかるPOPがありました。

氷店なのでもちろん「氷の販売」をしています。そこでまず見つけたのは「上質の純飲料用の氷です」文字です。「上質」って言葉を前面に出す自信です。その自信は、旦那さんの背中と笑顔から伝わってきましたよ。

続いてこちらです。

仲氷店の氷へのこだわりを感じることができますね。

まず使用している水は、和歌山県東牟婁郡の清流古座川の水です。この古座川については、何度も別のサイトで書いています。素晴らしい自然が手つかずのまま残っている場所ですよ。

なんきシカシカ新聞

この清流古座川の水をじっくりと時間をかけて凍らせていきます。

普通に水を凍らせると表面から凍りはじめ氷の中に空気が取り残されて半透明の白い氷になります。透き通った完全透明な氷を作るには、氷缶の中の水を常に空気を送って水を流動させるのです。

こうすることで純粋な水が容器に接している部分から凍っていき、さらに「ろ過」できなかった不純物が氷の中央に集まり取り除くことができるのです。

めちゃくちゃ手間暇かかっていますね。このように作られた氷は、水道水よりきれいだそうです。このようにこだわりを持って作られた氷を使った「かき氷」が美味しくないわけないですよ。

シロップの選択肢が「良い意味で」おかしい

かき氷の楽しみといえば「何のシロップにしようかな?」というシロップを決めるときですよね。しかし仲氷店のシロップは良い意味でおかしいです。

どれもこれもこだわりすぎでしょ(笑)。選べないではないか!

これです。どれもこれもこだわりのあるシロップが目白押しなんですよね。

定番のシロップはもちろんのこと、近隣エリアの地元食材を使ったシロップがたくさん揃っています。

氷と同じく古座川の柚子を使ったシロップや、和歌山みかん濃厚果汁なんてものもあります。そして何よりも北山村特産の柑橘「ジャバラ」を使ったシロップです。

「仲氷店のかき氷を食べるならまずはコレを食え!」と教えていただいたので食べてみました。これがさっぱりさわやかで絶品なんです。

奥さんが作るこのシロップは、甘さ控え目で若干気持ちのいい苦みがあります。この「苦み」がこだわりの氷との相乗効果で、ワンランク上のかき氷を楽しませてくれます。大人の味ってところですね。

甘いものが苦手なひとでもサラッと食べることができますよ。いや~、大満足でしたね。

新宮市のキーンとならないかき氷まとめ

新宮駅からも徒歩圏内です。のんびりと街並みを散策しながら歩いてみるのもいいですよ。夏場は、多くの子供たちがかき氷を「道端で食べている」のでそれが目印です。

「仲氷店」は以前紹介した神倉神社近くにあります。まださらっとしか書いていない記事ですけどね。これも読んでみてください(笑)。そのうちリライトします。

【47旅和歌山県】新宮駅から仲之町商店街を抜けて神倉神社へとぶらり旅 | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

ぜひとも絶品の「頭がキーン」とならないかき氷を味わってみてくださいね♪

仲氷店がテレビに出るよ♪

5月30日(火)の7:45~8:00に「NHKおはよう関西」で仲氷店が紹介されるそうです。関西だけでなく、東海でも放送されるようですよ。ぜひご覧くださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

仲氷店

所在地: 〒647-0081 和歌山県新宮市新宮551−12
電話: 0735-21-5300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です