【ブログの始め方】激烈簡単!インパクトのあるキャラ設定の作り方!の巻

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(nirlog_net)です。

【ブログの始め方】シリーズ第三弾です。はてなブログでブログを開設し、ブログの名前も決まった。「さて!書くぜ!」と力んでいるあなた。

待て!ハウス!

そんなに焦らないでください。ブログを長く更新していくなら、ある程度のキャラ設定を事前にしておきましょう。インパクトがあればあるほどいいですよ♪

ブログのイメージを決めるキャラ設定

前回の記事はこちら→【ブログの始め方】ブログ名を決める方法を4つ伝授する!の巻

ブログの面白いところって「書いている人が想像できること」です。「この記事を書いている人はどんな人だろう?」とリアルに想像できればできるほど、ブログの信頼度やおもしろみが増してきます。

もっと言えば、書いている人の顔が見えるようなブログを更新すれば、それだけあなたのファンも増えてきます。つまりアクセスアップに繋がっていくわけです。

それにはやはり、ある程度のキャラ設定を最初に決めておくことです。別に「キャラを偽れ!」と言っているわけではありません。大切なのは、せっかく来てくれた読者さんに少しでも親近感を持ってもらえるようにすることです。

このキャラ設定はインパクトがあればあるほどいいですね。

ここで私が「すげーインパクト!」と感じた人を見てみましょう。

どうですか?これはツイッターですけどね。めちゃくちゃインパクトないですか?(笑)。一度見たら忘れないし、この人の情報発信気になる!ってなりますよねー。

こういったインパクトのあるキャラ設定を決めていきましょう。「私にはこれといって何もないから・・・」と考え込まなくても大丈夫です。いくつかのポイントを押さえればインパクトのあるキャラ設定を偽ることなく作れますから。

その方法を紹介していきますね。

あなたの名前はなんですか?

まずはあなたがブログを書くときの名前を決めましょう。名前があるだけで親しみはグッとあがります。最近ではうれしいことに、読者さんから連絡をいただくことが多くなりました。

こういったときに「名前がある」というだけ連絡のハードルを下げてくれるんですよ。ブログでの一方的な発信だけでなく。読者さんの声を聞ける「濃いやりとり」ができるようになるのは嬉しいことですよね。

名前を決めるときのパターンとしては2通りです。

  • ニックネーム(ハンドルネーム)
  • 実名

私は最初「ニル」と名乗っていました。ブログを始めるときに「ニルヴァーナを聴いていたから」という理由だけです(笑)。

最初はどうしても実名には抵抗がありますよね。職場にバレたくないような内容を書きたい人は、とてもじゃないけど実名では書けません。そのような時は思い付きでニックネームを考えましょう。

今ではツジです!と名乗っています。実名です(笑)。ちょっと前まではツジタケです!って言っていましたけどね。なんとなく変えました(笑)。

実名でブログを書くメリットは、ニックネームより信頼度が上がるということですね。実名で書いている以上嘘は書けないですからねー。といってもネットの世界ですからね。簡単に信じちゃダメですよ。

色々考えた結果カタカナで「ツジタケシ」としています。このほうがインパクトが強くなるかな~と。この辺は好きにしてください。イケダハヤトをパクったんです(笑)。

このように決めた名前でブログの文頭に「こんにちはー。ツジです!」って名乗るわけです。これだけでブログの親しみやすさと信頼度は上がりますからね。

名前+肩書みたいなものを考える

名前だけでもいいのですが、できればもう少しインパクトが欲しいですよね。ということで名前+肩書みたいなものを考えましょう。これも別に難しく考える必要はありません。ただし自分がどういった人間なのかわかるようにしたいですね。

私は毎回、はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(nirlog_net)です。と文頭で挨拶しています。この「和歌山移住ブロガー」の部分を考えましょう。

別になんだっていいんですよ。

  • 引きこもり2年生のツジです
  • 山奥暮らしのツジです
  • ネガティブツジです
  • ニートマスターツジです
  • 眼鏡をかけたら矢作っぽいツジです
  • 生き方模索中ツジです
  • 車生活中のツジです

などなど。なんとなく最初の挨拶だけで人柄や、何をしている人なのかがわかるだけでインパクトが増しますよね。

もちろんこれはやっていない人もいますけどねー。私自身がブログを読むとき、やっぱりこういった「顔が見えるブログ」のほうが親近感がわくからやっています。

もちろん「整備士」や「アドバイザー」「整体師」「弁護士」「看護師」などの肩書があれば、そのブログの専門性は高くなり、信用度がアップすることは間違いないですよ。ただし嘘はダメですよ。

プロフィール画像を設定する

プロフィール画像って大事です。プロフィールの内容はあまり読まれることはないですが、画像は必ず目にするものですよね。ですので、プロフィール画像欄が初期設定のままになっているなら必ず設定しましょう。

ここでもやっぱり顔出しをするほうが信頼度はあがります。しかし、顔出しすることに抵抗がある人もいるでしょう。そんなあなたはイラストで設定するのがおすすめです。

といってもアプリで作れるようなプロフィール画像ではインパクトが弱いです。できればあなた独自のイラストを用意することをお勧めします。

自分で書けないなら人に頼むというのも手ですね。今ではワンコインで書いてくれる人がたくさんいますから。



初期設定のままではもちろん話になりませんが、風景などの画像もインパクトといして弱いですね。基本は顔出し、できればイラスト。それも無理なら画像アプリでうまいこと編集してプロフィール画像を作製してください。

一人称&口調を決める

ブログのイメージを決めるもう一つのポイントが一人称&口調です。ブログは話しかけるように書くことが多いのですが、このときにどういったイメージを相手に持ってもらいたいかを考えましょう。

まずは一人称です。

  • 自分
  • 拙者
  • 某(それがし)

ブログを書いている人で多いのが「僕」ですね。女性は基本的に「私」です。「僕」は非常に優しいイメージがありますよね。男性で「私」を使えば、落ち着いた雰囲気のキャラになります。

「俺」を使えば自信満々の男らしさを演出できるし「自分」を使えば体育会系になる。「拙者」を使えば武士風を演出できます。超強烈なインパクトです。「某」は・・・もういいですね。

ちなみに私は「私」を使っています。「僕」にチャレンジしたこともあるんですけどね。いまいちしっくりこなくてやめました。

他にもあえて「僕」を「ぼく」にしたり「私」を「あたし」にしたりすればイメージも変わります。

この一人称に合わせて口調も統一しましょう。

基本的に私は「です、ます調」で書いています。専門的なキャラであれば「だ、である調」で書けます。ちなみに「だ、である調」にチャレンジしてこのブログは書いていました。でもやっぱりこれも馴染めなくて今のスタイルに落ち着きました。

拙者なら「ござる!」ですね。

ブログキャラ設定の作り方まとめ

このように名前、肩書、一人称、口調を組み合わせることで「特に私は何もないから・・・」という人でも、インパクトのあるキャラ設定を作ることができます。

やっぱり何度見てもすげーインパクトだ。キャラ設定の完成形ですね(笑)。参考にしてください。

さて、次回からは早速記事を書いていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です