香川県はうどんだけじゃなかった!激うま骨付き鳥をあなたは知っているか?

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(@nirlog_net)です。

香川県といえば「うどん」というイメージが強すぎますよね。しか~し、香川県はうどんだけではないんですよ。香川県には「骨付き鳥」という激うまな一品があったんです。知らなかった~!

ということで今回は香川県高松市で食べた「骨付き鳥」について書いていきます。

香川県=うどんとお考えのあなたへ吉報!

香川県=うどんという図式は崩れません。しかしうどんだけじゃなかったんですよ。いや~、私も知りませんでした。

香川県高松市のホテルに宿泊し、商店街をぶらりと徘徊していたら、あちこちで「骨付き鳥」の看板を目にするんです。これは調査をせねばならぬと、情報収集です。お店の看板をいくつか眺めていると、何やら「おや」と「ひな」の2種類があるようだ。

1時間くらい徘徊し、テイクアウトできるお店を探し出して食べてみたら・・・

うまっ!

となったわけです(笑)。

ということで私と同じように「香川=うどん」と思い込んでいるあなたにこそ今回は読んでもらいたいですね。

今回宿泊したホテルはこちら。

【高松市内】3000円台で宿泊可能!パークサイド高松を拠点にする理由 | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

香川県ではうどん以外も楽しもう

香川県に旅をすれば2,3杯のうどんを食べることでしょう。私も食べました。前回の記事でも書いています。

【47旅】香川県高松市内限定!1時間半で食べれる絶品うどん屋3軒を紹介 | 人生再起動SEASON3 和歌山県移住編

しかし、うどんだけでなく、他にも様々な香川県民のソウルフードを食べてみたいですよねー。そこで登場するのが「骨付き鳥」です。

骨付鳥(ほねつきどり)は、鶏の骨付きもも肉を焼いた香川県丸亀市のご当地グルメ。
塩とコショウとニンニクで下味付けした鶏もも肉を焼いたもので、丸亀にある居酒屋「一鶴」の創業者(近藤定市、田鶴子夫妻)が、ハリウッド映画に出てきたローストチキンをヒントに1953年から売り出した。

ウイキペディアより引用です。

どうやら香川県丸亀市のご当地グルメのようですね。しかし、おとなり高松市でも食べることができます。この「骨付き鳥」には「おや」と「ひな(わか)」の2種類あるんですよ。

おや

おやは成熟した鶏を使用しています。食感がしっかりしていてコリコリとした食べごたえがあるのが特徴です。噛めば噛むほどうまみがしみでてきます。

ひな(わか)

ひな(わか)は「おや」とは対照的で、身がふっくらとしています。「おや」に比べると食べやすいので女性やお年寄り、小さなお子様でも食べやすいですねー。皮がパリッとしていてめちゃくちゃジューシーです。

さて私がどちらを食べたかというと・・・もちろん両方です(笑)。

骨付き鳥あづま

今回私たちが食べた骨付きどりは香川県高松市栗林町にある「骨付き鳥あづま」です。こちらのお店はテイクアウトも対応してくれます。

「骨付き鳥あづま」は、やわらかく甘みのある沖縄産やんばる若鶏を使っています。もちろん店内で食べることもできますよ。しかも骨付き鳥以外にも沖縄メニューが盛りだくさんです。

ぜひとも店内で食べたかったのですが、旅の資金に限りがあるので今回は泣く泣くテイクアウトしました。

今回テイクアウトした骨付き鳥の「おや」と「ひな(わか)」はこちら。

それぞれ700円です。

いざオープン!

食欲(酒欲)をそそる香りが広がります。食べやすくカットしてくれているのもありがたいですね。

「おや」は噛みごたえ抜群です。こんなに「噛みごたえのある鳥」ってなかなか食べることはないですねー。しかしこの噛みごたえがまたよし。噛めば噛むほどうまみが口の中に広がり、麦ジュースのお供として最高の一品ですね。

続いて「ひな(わか)」。

ぱっと見は「おや」と変わりませんが、食べてみると全然違うんです。めちゃくちゃジューシーで柔らかい。若干歯が弱い私には、こちら「ひな(わか)のほうが食べやすいですね。

といっても味勝負では五分五分です。両方食べるのがやっぱりおすすめですよ(笑)。

他所のお店では食べていないのでわかりませんが、「骨付き鳥あづま」の骨付き鳥は絶品でしたよ。お店によって味付けは千差万別のようです。

お気に入りの骨付き鳥を探すのも楽しそうですねー。次回はぜひ地元の人の情報を聞かせてもらいたいところです。丸亀でも食べてみたいなー。

骨付き鳥あづま

所在地: 〒760-0073 香川県高松市栗林町2丁目17−23
電話: 087-812-5955
時間: 17時00分~22時00分

うどん&骨付き鳥の組み合わせ

商店街を徘徊していると「これぞ香川県!」というお店が多々ありました。居酒屋なのに「うどん」があるんです。そして当然「骨付き鳥」もあります。

うどんって「つるっ」としているので食べやすいのですが、どうしてもお供がほしくなりますよね。うどん屋さんにいけば「天ぷら」があります。もちろんその組み合わせに文句をつける人などいないでしょう。

しかし。「うどんと骨付き鳥の組み合わせ」というのも大いに有りですね。さっぱりとしたうどんのお供に骨付き鳥を食べる。これはまさに無限ループへの入り口です。そこに麦ジュースまで加われば、きっと夜も深く更けていくことでしょう。

昼にうどん巡り、夜に骨付きどり巡りなんてコースも楽しめますよ。

まとめ

いや~、香川県を侮っていましたね。このような新しい発見ができるのは嬉しい誤算です。骨付き鳥だけでなく、焼き鳥屋さんも多いイメージですね。

香川県の夜は誘惑がいっぱいですよ(笑)。のんべぇに嬉しい街ということが今回判明しましたね。もし香川県での宿泊をお考えなら、夕食はあえて商店街に繰り出してみてはいかがでしょう。

すばらしい出会い(危険な出会い)があなたをきっと待っています♪

最期まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です