【47旅】淡路サービスエリアでの車中泊を一言でいうと「快適♪」

はい、どうも和歌山移住ブロガーのツジ(nirlog_net)です。

この記事を書いている現時点では、まだ四国をフラフラしております。公開されるころにはどこにいるかはわかりませんが(笑)。

今回、四国に入る前に淡路サービスエリアで車中泊をしました。なかなか快適にすごせたので紹介します。

淡路サービスエリアでの車中泊をお考えのあなたへ

淡路サービスエリアで車中泊をしてみて感じたことを率直に申し上げます。

「超快適♪」

車中泊をするときに気になることといえば・・・

  • 駐車場の空き具合
  • 駐車場のフラットさ
  • トラックの騒音
  • トイレの清潔度
  • 売店の品ぞろえ
  • 気温

こんなところではないでしょうか。やっぱり仮眠といえども、ある程度疲れをとりたいですよね。今回は仮眠レベルではなくガッツリと休めましたよ。ちなみに時期は4月後半です。

四国へ入る前に休んでおこう

淡路島経由で四国へ入るルートを利用する人も多いのではないでしょうか。鳴門の渦潮を楽しむにはこのルートが便利ですしねー。そんな淡路島ルートでは淡路サービスエリアは絶好の休憩スポットなんです。

というか淡路サービスエリアで休んでおかないと後悔することにもなりかねません。なぜなら・・

「淡路島結構でかい!」

これ「旅あるある」ですよね(笑)。地図では小さく見えますが、実際に移動してみると「おいおい、結構時間がかかるじゃねぇか!」となったことないです?淡路島もこのパターンなんですよ。

明石海峡をわたりすぐに淡路島サービスエリアはあります。しかし、淡路サービスエリアをすぎるとパーキングエリアはありますが、サービスエリアはしばらくありません。

先ほど書いたように淡路島は結構でかいです。四国に入るまでの時間も当然かかります。ですので四国へ入る前に淡路サービスエリアで休憩しておくことをおすすめしますよ。

淡路サービスエリアでの車中泊が快適な理由

淡路サービスエリアでの車中泊が快適な理由はなんといっても「静か」なんですよ。トラックの台数が比較的少ないうえに、トラック専用駐車場と普通車駐車場の距離が離れています。

しかも時期的なこともあってか、普通車も密集するほどの駐車量ではなく、自由に駐車場所を選ぶことができます。ちなみに私が淡路サービスエリアに到着したのは深夜1:30ごろでした。

淡路サービスエリア下りでの車中泊ポイントは、できるだけ観覧車に近い、後方に駐車することがおすすめです。最後列を選択すると車の出入りがあるので、最後列から2,3列前がベストではないでしょうか。

ここに駐車することができれば、静かで快適な車中泊をすることができます。

淡路サービスエリアでの車中泊にはこんなメリットも

淡路サービスエリアでの車中泊が快適な理由はその「静かさ」だけではなく、先にも書いた車中泊の条件を概ねクリアしていることが大きいですね。トイレはきれいだし、駐車場もフラットです。スタバもあるので目覚めの一杯を楽しむことができます。

しかしそれだけではないんですよ。淡路サービスエリアからの景色が素晴らしいんです。明石海峡と神戸の夜景を楽しむことができるのは嬉しいですよねー。です・・よね・・・。

にもかかわらず私は疲れから、夜景を楽しむことなく速攻で寝てしまいました。当然写真はありません(笑)。カメラは持ってきているんですけどねー。やっちゃいました(笑)。

一応朝の様子をご紹介しておきますね。これで夜景を妄想しておいてください。

まとめ

これだけゆっくりと車中泊できるサービスエリアは少ない気がしますねー。人気がありすぎるとドアの開閉音や会話がうるさかったりしますよね。逆に台数が少なすぎるとちょっと不安になったりします。

しかし、淡路サービスエリアは満車になることは稀なようですし、ガラガラってこともないようです。まさに適度なサービスエリアです。ファミリーで観覧車を楽しむのもいいですねー。それこそ観覧車から夜景を楽しむのもありです。

明石海峡をわたり、淡路島経由で四国を目指すなら淡路サービスエリアでの車中泊すると旅が快適になりますよ♪

最期まで読んでいただきありがとうございます。Facebookもやってます♪

淡路サービスエリア

所在地: 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3118−1
電話: 0799-72-4608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です