鬱になって職場で出た症状はこれ!当てはまったら注意かも

鬱に悩まされた20代。「働かねば生活ができぬ」と重い心と体にムチを打ち、薬を飲みながらでも職場に向かいました。まぁこれが間違いだったんですけどね(笑)。

無理をして職場に居続けると症状は重くなる一方です。できるだけ早く休んだほうが賢明ですよー。今回紹介する症状が職場で顔を出し始めたら要注意ですね。

エネルギーを感じない

今回紹介するのは、「あれ?最近調子悪いなぁ」なんて人にだけではなく、「職場にこんな人がいるかも!」という人にも読んで欲しいですね。周りがいかに早く「変化」に気づくかで回避できることもあるからです。

「最近エネルギーを感じないなぁ」なんて人がいたら、一歩引いて見守ってもらいたいですね。なんせ鬱になってしまった本人もエネルギーを失っていることに気づいているんです。しかしどうしていいかわからなものなんです。

エネルギーが不足すれば何をするにも一歩出遅れてしまいます。エンプティランプのついた車みたいなものですよ。常に1000円給油で心と体を無理やり動かし、いまにも止まってしまいそうな状況です。結構辛いんですよ。

にもかかわらず「何やってんだ!」など頭ごなしに否定してしまえば当然パニックになってしまいます。エネルギッシュな人にはわからないかもしれません。それでも見守ってもらいたいものですねー。

笑えなくなる

なんと言ってもこれです。笑えなくなるんですよ。「くだらない冗談にも今までは笑えていたのに、最近なんだか笑えないなぁ」なんて症状が出てきます。

しかもひどくなってくるとこうなります。

  • 笑っている人がうらやましい
  • 笑われているような気がする
  • 笑っている人に苛立ちを感じる

被害妄想なんですけどね(笑)。でも本当にこんな感じでした。今でもこのように感じるときがありますね。健康な状態なら笑顔から力をもらえます。しかし、鬱の症状が職場でると、他人の笑顔にダメージを受けるんですよ。

しかも自分のことを笑われているような気がしてくるし、笑えない自分と、笑っているあの人に苛立ちを感じるんです。接客業をしているなら致命的ですよね。作り笑いをしていると、それこそ何があんだかわからなくなってしまいます。

意味もなく涙が出てくる

特にこれといって理由はないんです。無意味に涙がでてきます。頻繁にトイレに駆け込み泣いていました。これがまたつらいんですよね。きっと周りからはサボっていると思われていたことでしょう。まぁ本当にトイレでサボっている人もいますからねー。疑われてもしょうがないですけどね。

そんな状況が続いていると、自分自身に嫌気がさしてきて、今度は本気で泣けてきます。「なんで俺泣いてんだ?」から「なんで俺はまともに働けないんだ?」に変わるわけです。

もし職場で頻繁にトイレに行く人がいたらまずはサボりを疑ってください(笑)。でもそのあとに目を見てあげてください。異変に気付いたからといって何かをする必要はないです。ただ「そういう状況なんだな」と察してあげてほしいものです。

自信喪失感が半端ない

「笑えない」、「涙が出てくる」そして自信を喪失するです。「自分はダメな人間だ」という考えが頭をぐるぐると駆け巡り、言動すべてに自信を失ってしまいます。

自信を失うと強気な発言はできなくなり、相手の顔色を見ながら曖昧な意見しか言えなくなります。そういった言動に苛立ちを感じる人ももちろんいます。

しかし、その苛立ちを感じ取ってしまうんですよねー。もう悪循環ですよ。さらに自信を失い、発言することができなくなってしまうんです。

ミスが3倍増える

自信を失えば、焦りからミスが増えます。それこそ3倍くらい増えるんじゃないですかね。これも辛いんですよ。「なんでこんなミスをするんだろう?」と自分自身にも腹が立ってきます。もちろん不眠症などの症状が出れば、頭がボーっとしていることもあります。

記憶力の低下も感じましたね。人が簡単に覚えれることも自分は覚えれない。たった数個の数字すら覚えていることができなくなるんですよ。いや、これ本当ですよ。もうここまできたら、休養したほうがいいです。私もそうします。

職場にこのような人がいたら「最近ミスが多いな。たるんでるぞ!」と怒鳴る前に、その他の行動に変化がないか様子をみてほしいですね。鬱になっているかもしれません。

まとめ

今回紹介した症状が職場で出ているのなら鬱の可能性は十分にありますよ。なんせ体験談ですからね(笑)。専門家ではありませんが体験者の意見です。

「速攻帰って休め!」

以上です(笑)。

職場に理解者がいると、鬱との戦いがグッと楽になるんですけどねー。(理解者なんてほとんどいないけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です