【田舎暮らし】年収150万円で田舎暮らしは可能なのかを検証

できるだけのんびり暮らしたいと、和歌山県へ移住したのですが、実際はなかなか難しいのです(笑)。「あれ?これ愛知県に住んでいるときと一緒じゃん!」みたいなことも多々あります。

目標は年収150万円で生きていくことなのですが、これが実現可能か実際の暮らしと照らし合わせて検証してみました。

田舎暮らしの生活コストが低いと思っている人へ

田舎でのんびりと暮らしたい。私と同じように、社会の慌ただしい空気から逃げ出したくなっている人もいるでしょう。わかりますよ、その気持ち。

おそらく田舎に移住すれば、のんびりと低コストで生活できると思っていますよねー。残念ながら低コストでの生活はハードルが高いですよ。

山奥で、鹿やイノシシと格闘しながら暮らすぜ!って人は生活コストを下げることはできます。しかし、ある程度の「便利さ」を保ちながらの田舎暮らしでは、意外とコストはかさむのです。これが現実ですよ。

田舎暮らしの家賃はこんな感じ

現在住んでいる家は2DKの一軒家です。築年数は不明。しかしトイレはきれいにしてもらってあるし、快適な日々をおくっています。気になる家賃は30000円。東京の駐車場代と同じくらいです(笑)。

でもこれって実はかなり運がよかったなぁと感じているんです。和歌山県ですでに3回の引っ越しをしているのですが、1軒目は2DKのアパートで47000円、築年数不明。敷金礼金25万。2件目が広さは十分の一軒家。トイレは簡易水洗で40000円。築年数不明。理想とは少し離れた家でした。

3軒目は立派な一軒家で家賃が60000円。ガレージがついていて、何かの作業するにはもってこいのナイスな家でした。しかし・・・60000円は田舎でのんびり暮らすには高すぎますよねー。

田舎はまず圧倒的に賃貸が少ないんですよね。しかも仲介業者を通しての家探しで発生する敷金礼金がめちゃくちゃ高い(笑)。結構なダメージです。

生活費のなかでやはり家賃は大きな割合をしめます。安ければ安いほど生活は楽になりますよね。ですのでできれば25000円くらいで収めたいところです。実際は非常に難しいですけどね(笑)。それが実現すれば年収150万円生活が見えてきます。

田舎暮らしの通信費

通信費は格安SIMを導入しています。現在私が格安スマホ、ガラケーの2台持ち。相棒がソフトバンクでiphone契約。相棒母のガラケー1台。以上4台で10000円くらいです。タイミングをみて相棒のiphoneも格安SIMに変更しようと思っているので、トータル7000円くらいにはなるかなぁと考えています。

あとは月々のネット代が4500円くらいですね。これで合計15000円です。節約ポイントはやはり格安SIMの導入ですね。田舎だとかなり電波が悪く、我が家ではソフトバンクが圏外です(笑)。

格安SIMの契約も通信業者を注意しないと圏外ってこともありえます。こっちの記事もどうぞ。

【節約術】旅費用を貯めるため格安スマホに変えてみた♪年間60000円の節約完了

田舎暮らしのガソリン代

現在は軽自動車を2台維持しています。最近1台ぶっ壊れたので買い換えました(笑)。まぁ維持費を考えれば軽自動車のほうが圧倒的にコスパがいいですからねー。

しかしガソリン代がめちゃくちゃかかります。まず以前住んでいた場所と比べると1Lあたり15円高いです。しかも車がなければどこにもいけないので利用頻度は高いし、移動距離も長距離になることが多いです。

できるだけ乗らないようにはしているんですけどね。月20000円くらいは使っています。車無しの生活に戻したいところですけどねー。田舎ではやはり車は必需品です。

田舎暮らしの食費

実はなんだかんだで食材はすべて買っています。最近畑ができていないというのと、プランター栽培に失敗したんですよ(笑)。まぁ魚は自分で釣ることを覚えたし、先日はタコを釣ることに成功しました。

時間を作って畑と釣りを楽しめば、食費は少し下がると思います。といっても微々たるものでしょうけどね。

我が家の食費は食材20000円、酒25000円で設定しています。酒代の方が予算を多くとっています(笑)。外で食べることはまずないので、普通に自炊していればこれくらいの金額になるんですよ。もっと落とすことも可能ですけどね。

ですので食費も田舎だから安いってわけじゃないんです。都会でも自炊をしていればこれくらいの金額なら簡単ですよね。むしろディスカウントスーパーがあればもっと安くなりますよ。

田舎で年収150万円の生活は可能か?

家賃30000円、通信費15000円、ガソリン代20000円、食費45000円(酒代込)、あと光熱費15000円(これも普通)。その他雑費で150000円くらいで生活しています。

この計算だと・・・年収180万円いる(笑)。

普通に暮らしていると年収150万円では暮らせません。田舎と都会の差ってやっぱりそんなにないんですよねー。まだ通信費には改善の余地はあるし、食費も落とすことはできる。もう少し絞り込んでいけば150万円での生活は可能ですね。

もちろんこれは二人暮らしでの金額です。一人暮らしなら年収150万円での生活は余裕でクリアできますよ。

まとめ

見てもらってわかるように、田舎暮らしだから年収150万円生活が可能というわけではなく、家賃をおさえて娯楽をコントロールできれば都会でも年収150万円生活はできると思いますよ。

こっちにきて年収は200万円近く下がりました。今まで何につかっていたんだろう(笑)。田舎での生活コストが低いようにみえるのは「娯楽の少なさ」が要因ですね。

外食するところもなければカラオケもない。おしゃれをする必要もないし、休日はのんびりと釣りをして過ごしていればお金を使わないんですよ。あわよくば晩御飯をゲットです。しかも十分に幸せに暮らせています。

私は田舎でのんびりとしたいので、もう少し節約して年収150万円で生活できるようにしていこうかなと。年収150万円ならストレスも最低限に抑えることが可能ですからね。

モノにお金を使って労働するか、のんびりとする時間を手に入れるか。さてあなたはどちらがお好きですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です