【第三回】田舎で仕事を探そう!実際に求人募集をチェック

「田舎で仕事を探そう」第三回のはじまりはじまり。今回は私の住む「和歌山県南紀エリア」をはじめ、全国の田舎でこんな求人募集があるよ!ということを紹介していきます。

田舎暮らしの現実的な求人募集になっています(笑)。田舎への移住を計画中で、田舎の求人募集に興味がある人は心臓を叩いて読み進めて下さいね。

和歌山県南紀エリアの求人

和歌山県は全国的にみても田舎移住に力を入れているように感じます。私も移住する前は全国の情報を集めましたが、和歌山県の田舎移住を目にすることは多かったんですよね。

しかし和歌山県と一言にいえども、その面積は広いです。全国で30位の広さです(笑)。和歌山県の北部と南部では毛色が違うことは確かです。

和歌山県南部ってこんなところ

北部は大阪へのアクセスもよく、関西国際空港や高速道路なども近く便利なエリアです。しかし和歌山県南部は「陸の孤島」と呼ばれています。大阪、名古屋からは3時間から4時間はかかります。

いまでこそ道もよくなり始めていますが、「昔は過酷な峠越えをしなければいけなかった」なんて話もききました。当然チェーン店は少なく、セブンイレブン、ガスト、吉野家、スタバ、サイゼリア、スシローなどもありません。

和歌山県南部の求人募集は?

都会ならコンビニにタウンワークがおいてあり、リクナビやエンジャパンを見れば、多くの求人を回覧することができます。しかし、和歌山県南部ではコンビニにタウンワークがありません。リクナビやエンジャパンに求人募集が掲載されることも稀です。

頼りになるのは地域のハローワークか「indeed」での検索になります。実際に見てもらえばわかります。

和歌山県 新宮市の求人 | Indeed.com

私が住むエリアで比較的人口の多い(3万人)「新宮市」の求人です。といっても隣町の那智勝浦町の求人も多く紛れています。

やはりこうやってみると、観光、介護がほとんどですね。ちなみにこの記事を書いている2017年1月28日現在では、すべての求人数が222件となっています。ここから広告費用を払っている、遠方への派遣業者をのぞくと200件を切りますね。

200件のイメージがなかなかつかめないと思いますので参考までに名古屋市の求人を検索してみます。

愛知県 名古屋市の求人 | Indeed.com

その数33455件です。田舎から都会へ若者が出ていくのがわかりますね。これが現実ですよ。田舎に仕事はないんです。しかし前回も書いたように田舎で働くメリットもありますからね。どういった人生を過ごしていきたいかは自分次第です。

前回の記事はこちら→【第二回】田舎で仕事を探そう!田舎に転職して得たメリットはこれだ

地域おこし協力隊という選択

「田舎に移住したい!」と情熱をもっている人なら、特に仕事へのこだわりはなく「なんでもやります!」という人もいるでしょう。そういった人には求人募集の数なんて関係ありませんよね。むしろこういった情熱を持った人には「地域おこし協力隊」という選択肢もあります。

地域おこし協力隊とは

「地域」や「田舎」「地方創生」という言葉が近年注目を集めています。同時に地域おこし協力隊という制度も整い始めています。

地域おこし協力隊(ちいきおこしきょうりょくたい)とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。

地域に貢献したい人にぴったりな制度ではないでしょうか。

地域おこし協力隊の失敗例もある

まだ新しい制度なので、自治体によって勤務条件に幅があるようです。悪徳な自治体では、ただの雑用要員として扱ったり、地域に根を貼ろうとしている人でも「副業禁止、任期が終わったらあとは自分でなんとかしてね!」なんて場所もあるそうです。

こんな場所に行ってしまったら貴重な時間が無駄になってしまいます。ある程度「地域おこし協力隊の制度」が熟成している自治体を選ぶことがポイントですね。ちなみに私は不採用になり諦めました(笑)。

地域おこし協力隊についてはこちらのサイトからどうぞ

Card

和歌山県の最低賃金

再び現実的な話に戻ります。田舎暮らしは想像以上にお金がかかります。本気の田舎に行き、自給自足に近い生活をすれば生活費は下がります。

しかし、都会で暮らしていた水準を維持しようとすると生活費はかかります。移動は車が必要でガソリン代も高い。家賃も山奥などの不便な場所以外は高いんですよ。

にもかかわらず和歌山県の最低賃金は753円です。先ほどの求人募集でみていただいたときに気づいたかもしれないですけどね。ほとんどがこの最低賃金に近いんですよ。ちなみに東京は932円です。東京は確かに物価が高いのでわかる気がします。だからと言って和歌山県の物価が安いかといえばそうではないんですよね。

このことも頭の片隅において田舎での仕事探しを進めたほうが失敗は少ないです。

リゾートバイトが意外とありかも

正社員の賃金も低いですからね。「無理に正社員で働く必要はないな~」なんて最近は感じています。ほとんど変わりませんから(笑)。といえども最初はやはりある程度お金が欲しいですよね。

そんなときは思い切ってリゾートバイトをしてしまうというのも一つの手ですよ。リゾートバイトの時給は、和歌山県の最低賃金を考えればかなり高額です。

しかも住み込みで働くことができるので、家探しをする必要もなくなります。田舎移住の選択肢としてはかなり使える武器だと思います。

有名なリゾートバイトの募集サイトを2つ紹介してきますね。みていただければ「お、これならなんとか生活できそう!」と感じてもらえる募集も多いことがわかっていただけます。

全国各地のリゾートバイト検索サイト
はたらくどっとこむ

寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!

田舎ならではの求人募集をしているサイトのご紹介

おもしろいサイトがありました。最初に紹介した「indeed」ではいわゆる普通の仕事がメインとなっています。しかしせっかく田舎に移住するなら「田舎ならではの仕事」をしたいと考える人も多いでしょう。

このサイトのコンセプト「いなか」と「とかい」のパイプウェブが素敵ですね。いなかパイプをぜひ一度ご覧下さい。ワクワクする求人が多いですよ。

田舎の求人情報 いなか求人 「いなかで働きたい人」と「いなかに人財がほしい人」を つなぐための求人ページ|いなかパイプ

高知大使館のようなお宿のヘルパーさんって気になります(笑)。

田舎の求人募集まとめ

こうやって見てみると、田舎には仕事がないのですが、募集している場所はありますよね。あとは自分の田舎暮らしへの熱量と相談ですね。田舎は大変だけど面白い。その面白さが魅力ですね。

私は細々と生きるために選択した田舎移住ですが、まだ実現するには先の話になりそうです。あなたは田舎でどのような暮らしをイメージしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です