【熊野猫写真展】そうだ!猫が222匹集まる写真展を開催しよう♪参加者ゆるく募集します

和歌山県新宮市のカメラマン清水さんと、以前から「猫の写真展をしようか」と話をしていたんです。そこへ同じく新宮市のフィルムカメラマンの田戸さんが加わっていただきました。猫の写真ばかりを集めた写真展は、全国的には多いかもしれません。しかし、和歌山県の南紀エリアでは、私が引っ越ししてからの2年間では聞いたことがありません。

漁港が多くあるエリアということが関係しているのか、新宮市市内やそのほかのエリアでよく猫の姿を目にします。このエリアでは日常的な猫の姿ですが、猫ばかりを集めた写真展にしてしまったら面白い写真展になりますよね。そんな「熊野猫写真展」の参加者をゆるく募集します。

猫派が集まるパラダイス空間

実家では犬を飼っていました。ずっと犬派だったんです。しかしいつからかわかりませんが、猫派への門を叩いたんですよね(笑)。それ以来、犬の写真はあまり撮りませんが、猫を見つけるとついシャッターを押してしまうようになりました。

今までの経験上、猫派は個性が強い人が多くいるように感じます。この猫派の個性がこの「熊野猫写真展」では、写真というフィルターを通してぶつかり合うんです。(猫派ではないカメラマンも参加してくれると思いますが)

そしてもちろんそんな「猫ばかりの写真展」に足を運ぶ人も、間違いなく猫に対し愛情をもっているはずです。この猫が集まる「熊野猫写真展」が開催される会場内は、まさに猫パラダイスと呼ぶにふさわしい空間になるのではないでしょうか。その空間にぜひあなたの写真を展示しませんか?

猫を222匹集めたい

いや、これはあくまで願望ですけどね(笑)。せっかく猫の写真を集めるなら、熊野猫写真展では「ニャンニャンニャン」の「222匹」を集めたら面白いのではないか?なんて話も清水さんとしています。どうやって集めるかはまだ未定ですが、222匹の猫が集まる写真展は圧巻ではないかなと想像しています。

もう一度書きますがこれは願望です(笑)。実現するかどうかはまったくわかりません。

写真をパソコンから引っ張り出したい

清水さんとは以前フォトウォークイベントも開催しました。この時は「撮る」×「創る」×「魅せる」をテーマにして参加者の皆さんと楽しみました。やはり写真は撮るだけでなく、作品として飾り、見てもらうほうが楽しいと思うんですよね。今回の熊野猫写真展でもこのテーマは変わっていません。あなたのパソコンで眠っている写真を引っ張り出したいんですよ(笑)。

「写真展」と文字にすると敷居が高く感じてしまいますが、今回は敷居の低い写真展にしたいと考えています。まだ正式には決まっていませんが、こんなことを考えています。

  • ワンコインで写真展に参加できる(サイズ、展示数制限あり)
  • デジカメ(コンデジ含む)ならOK※スマートフォンの写真は今回はごめんなさい
  • 初めての写真展参加大歓迎

本当にまだ決まっていないんで変更になることはありますけどね。「できるだけ多くの人に参加してもらえたら嬉しいな」と話しています。パソコンの画面でしか見ていない写真を実際に印刷すると感動しますよ。しかも多くの人に見てもらうことができます。

熊野猫写真展の問い合わせ

正式に決まったら再度こちらとFacebookで告知させていただきます。「お、ぜひとも参加してみたい!」と興味を持っていただき何か不明な点があれば、問い合わせファームよりご連絡ください。決まっている範囲でお答えさせていただきます。参加表明をいただけるなら優先的に写真展への参加案内をさせていただきますね。

どうぞお気軽に問い合わせ、参加表明をいただけると嬉しいです。

熊野猫写真展(仮)

会場 新宮市ギャラリー

開催予定日 2017年2月22日~2017年2月25日

参加費 500円~(未定)

参加者SNS

清水一憲 Facebook

ツジタケシ instagram Facebookページ

問い合わせ・参加表明フォーム

岩合光昭の世界ネコ歩き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です