【節約術】旅費を貯めるためLINEモバイルで格安simを選択した理由

毎月ウロチョロと全国へ旅行していると、休日に大人しくしていることがストレスになってきます(笑)。「どこでもいいから出かけたいぜ~」と誘惑に負けそうになりますが、計画的に動くことの大切さもわかってきています。

別に10万円なくても旅に出ることはできます。しかしある程度の旅費は持っておいたほうが後悔は少ないですよね。そんな「ある程度」はちょっと節約すれば生み出すことができます。ということで旅費を貯めるためにLINEモバイルで格安simを契約しました。私がLINEモバイルで格安simを選んだ理由を書いていきます。

LINEモバイルの特徴は?

万を持してLINEモバイルが格安sim業界に登場しましたね。圧倒的な実績のあるLINEが提供してくれるサービスはどういったものなのか気になっていました。そんなLINEモバイルの格安simはこんな特徴があります。

  • LINEを使ってもデータ容量を消費しない
  • LINEの年齢認証が可能
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 通信速度が速いらしい
  • プランによってはFacebook、instagram、twitterがカウントフリーになる

こんなところですね。

LINEを使ってもデータ容量を消費しない

さすがLINEのsimですね。LINEを使ってもデータ容量を消費しません。一番オーソドックスなLINEフリープランはなんと500円からです。このプランはハードなスマートフォンユーザーには向いていません。スマートフォンの使用方法がLINEでのやりとり、ちょっとしたネットサーフィンとSNSを利用する人向けですね。動画をよく見る人には1GBでは少し物足らないかもしれません。自宅でwi-fiが利用できるならかなりお得に使えるプランです。

基本的なLINEの機能はすべてフリーなのでデータ容量を気にすることなく利用できます。

  • 通常の文字やスタンプでのやりとりや、音声メッセージ
  • 画像や動画の送受信
  • LINE通話とビデオ通話

これらはすべてカウントされません。このLINEフリーと1GBのデータ容量で500円です。もし1GBを使ってしまっても、LINEの速度が低速になることはありません。必要なら追加でデータ容量を購入することもできます。安いですねー。音声通話をつけても1200円です。

しかし安さだけを追求するなら楽天モバイルも検討する価値がありますよ。楽天モバイルのベーシックプランは「容量無制限」なんですよね。これは「速度制限」がポイントになっています。無制限の代わりに通信速度が200Kbpsの低速速度なんですよ。

「なんだそれ!意味ないじゃん!」なんて声もありそうですけどね。ちょっとしたSNSやLINEの使用ならなんとか使えるレベルだそうですよ。自宅にwi-fi環境が整っていて、外ではSNSとLINEをよく使う人なら圧倒的に安いかもしれません。無制限で525円、楽天ポイントまでゲットできますからね。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

LINEの年齢認証ができる

まぁこれは私にはほとんど関係のないポイントですけどね。LINEモバイルなら年齢認証が可能になります。他の格安simだと年齢認証ができないようです。

年齢認証ができるとどうなるか。

  • LINEのID検索機能で友だち申請する事ができる
  • 他人が、LINEのIDを検索して自分に友だち申請ができる

こんなところです。これが必要なのかどうかは使い手次第ですね。私は元々誰からも検索できない設定にしていますから(笑)。必要になるときがくるのかどうかはわかりませんが、このLINE年齢認証にメリットを感じるならLINEモバイルの格安simの一択ですね。

LINEモバイルはクレジットカードがなくても申し込みができる

格安simの契約は基本的にクレジットカードがないとできない業者が多いです。しかしLINE格安simなら、クレジットカードがなくてもいいんです。LINE Payカードってご存知ですか?申込するとチャージ型のカードを作ることができます。これはクレジットカードではありません。

様々な銀行やローソンなどでチャージすることができるカードです。このLINE PayでLINEモバイル各yすsimは申し込みができるようです。

説明が下手くそなので、こちらで確認してください。詳しくはこちら→LINEPAY

LINEモバイル格安simは通信速度が速いらしいぞ

LINEモバイル格安simはdocomo回線を利用しています。そしてまだ利用者が少ないLINEモバイルなので通信速度がその分早いと噂です(笑)。実際私も使っていたところ、通信速度に不満はありません。旅先でも快適に使えそうですよね。なんといっても和歌山県南紀エリアで使えていますから(笑)。

他社の格安simは利用者が多い時間帯になると通信速度が落ちる傾向にあります。しかし今のところLINE格安simではそのようなことはないようです。といっても利用者が増えれば他社の格安simと同じくらいになると言われていますけどね。今のところは安心して使えています。

通信速度重視でいくならUQモバイルがおすすめです。通信速度が速いだけでなく安定もしていると評判です。にもかかわらずなぜ私がUQモバイルを選択しなかったかというと・・・そもそもエリアに不安があったからです(笑)。UQモバイルはauの回線を利用しています。

我が家はソフトバンクが圏外になる田舎です。速くて安定しているのは都会の話です。「私の住むエリアならやっぱりドコモなのかな~」ということで、ドコモ回線を利用しているLINEモバイルを選択しました。都会に住んでいる人ならUQモバイルの格安simは使いやすいと思いますよ。

格安スマホならUQ mobile

LINEモバイルならFacebook、instagram、twitterがカウントフリーになる

これが私の決め手となりました。コミュニケーションプランを選択するとLINEだけでなくFacebook、instagram、twitterがカウントフリーになるんです。速度制限がかかったとしてもこれらのSNSは利用することが可能です。

私はこのコミュニケーションプランの3GBを選びました。最近instagramを利用することが多いので、お得になるのでは?と予想しています。

instagram以外のSNSで使うデータ容量は微々たるものと言われています。しかしinstagramは画像を多く読み込むことからそこそこのデータを利用します。これも使い方次第ですが、instagrramをメインのSNSにしている人ならこのコミュニケーションプランもありですよ。

私の場合、3Gの中からテザリングを使用することも視野に入れています。しかし自宅ではwi-fiが使えるので3GBを選択しました。もし自宅にwi-fi環境がないのなら7GBを選択するとちょうどいいかもしれません。

LINEモバイル格安simまとめ

私は結局LINE格安simに落ち着きましたが、まだまだたくさんの格安simを取り扱う業者はあります。今回紹介した楽天モバイルやUQモバイルはもちろん人気です。しかし今はイオンまで格安simに参入していますからね。この先もっと使い方にあった選択ができるようになるはずです。ちなみにイオンモバイルはプランが圧倒的に豊富ですよ。

三大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに身を任せておくのも安心できます。しかし、これからは自分自身で選択をしていかなければいけない時代だと思っています。常にアンテナを張っておけば自分の生活をより良くするツールがあるはずです。

実際に私は格安simに変えてよかったなぁって思っていますよ。田舎に住んでいてもメリットはあります、都会ならもっと使いこなすことができるのではないでしょうか。ぜひ苦手意識を持たず、チェックしてみてくださいね。

具体的にどれくらい節約になったか、どのsimフリーのスマートフォンをゲットしたかは前回の記事をご覧ください。

節約術】旅費用を貯めるため格安スマホに変えてみた♪年間60000円の節約完了

LINEモバイルはこちら→LINEモバイル

その他のおすすめ格安sim業者

格安スマホならUQ mobile

私のスマホ代・・・高すぎ!?月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です