【47旅京都府】哲学の道が猫の道になっているって本当?実際に歩いてわかったこと

旅先で必ずチェックするのは「酒のつまみ」と「お猫様」。これが私が毎回行う旅のチェックポイントです。今回はそのチェックポイントの中から、京都の猫スポットを紹介します。京都の哲学の道をご存知ですか?南禅寺方面から銀閣寺へ向かう2kmほどの歩道です。この哲学の道がなんと「猫の道」になっているとの情報をキャッチしたので実際に歩いてきました。

哲学の道とは

まずは哲学の道を紹介します。哲学の道では琵琶湖疏水の流れを見ることができます。琵琶湖から水が流れてくるっていまいち実感がないですよね。この琵琶湖疏水の流れとともに、秋は紅葉、春は桜を楽しむことができます。その素晴らしい景色が観光客を呼び、京都で人気の散歩道となっています。ちなみに冬は・・・枯れ木でした(笑)。

明治時代には、多くの文人がこのエリアに住むようになったそうです。このことから当初は「文人の道」と呼ばれていました。しかし現在は地元の方々がこの道を「哲学の道」と呼ぶようになり、この名前で定着したようです。

哲学の道が「猫の道」になっている?

今回は哲学の道が「猫の道」になっているとの情報をキャッチしました。廃業した喫茶店に多くの猫が住み着いているとのこと。これは行かねばならぬとワクワクしていたのですが、なんとこの日は雨。なんてこった。

雨だろうと数匹の猫には会えるだろうと猫散歩の開始。するといました!1猫目の発見です。噂の廃業となった喫茶店のようですね。傘を持ちながらの撮影はブレるブレる(笑)。自分の修行不足を痛感しました・・・。ということでこの猫の写真はなしです。

そうこうしていると2匹目の猫様を発見。人懐っこい猫様で、愛嬌のある子でした。ピントが甘いのもご愛敬ということで・・・。この写真使わなければこの記事が書けないんですよ(笑)。猫なのに目の前のロープにぶつかる謎な猫です(笑)。いい感じで2匹のお猫様とご対面に成功したのですが・・・、なんとこの日はこれにて終了。

これがこの写真を使わざるえなかった理由です。まだほかにも会えると油断していたんですよね(笑)。やっぱり天候が悪いと猫様も外に出ないものです。残念。ネットの情報によると、天気やタイミングがよければ猫パラダイスになっているようです。これはもう一度訪れねば。

廃業した「喫茶若王子」の場所

哲学の道での猫スポットはどうやら廃業した喫茶店「若王子」がメインのようです。ちゃんと調べずに行った結果、「他にもたくさんいるのかな?」なんて歩き出してしまったのが失敗でした。もしこの猫パラダイスを目指すなら喫茶若王子周辺をチェックしてみてください。

といっても普通に哲学の道を歩いていれば迷うことはないはずです。平安神宮方面から銀閣寺へ哲学の道を歩くと左手側にあります。わかりやすい看板が今も残っています。「本日は休ませていただきます」の文字が吊るされたチェーンより奥は、管理された敷地になっているようですね。無断で立ち入るのはマナー違反になるので注意です。その看板の奥にはお猫様の休憩スポットもあります。寝ているお猫様の邪魔もしないようにしましょう。

哲学の道へ入る前に「茄菲ふうじぇ」で一休み

 

地下鉄東山駅で降り、平安神宮、南禅寺と巡り、哲学の道を歩いて銀閣寺を目指すコースを選ぶ人も多いのではないでしょうか。このコースは見どころも多く、「京都に来た感」がするおすすめのコースです。

しかしこのコースはかなりの距離を歩きます。距離にすると5kmはありますね(笑)。見どころが多いので、そこまで距離を感じることはないと思いますが休憩は必要です。今回私が休憩した場所は「茄菲ふうじぇ」です。

昔ながらの喫茶店で、年配のご夫婦が営んでいます。店構えは窓枠に赤色を使ったカフェっぽい雰囲気。しかし店内に入ってみると、懐かしい空間が広がりカウンターでは地元のマダムが世間話に華を咲かせています。こういう雰囲気っていいですよねー。

おしゃれなカフェもいいんですけどね。こういった昔ながらの喫茶店も素敵です。訪れた時間は9時ごろということもありモーニングを注文。登場したロールパンサンドがまた懐かしい。軽くトーストしたロールパンに卵とハムが挟んである。昔こういうの実家で食べたよなー。

銀閣寺近くには休憩できるお店がありますが、哲学の道にお店は少ないんです。もし「少し疲れたなぁ」と休憩できる店を探すなら一度立ち寄ってもらいたいお店ですね。

茄菲ふうじぇ

〒606-8446 京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町42
075-771-1791

哲学の道は猫の道ではなかった

今回は天候が悪かったということもあり、出会えた猫は2匹と休憩中のお猫様だけ。この結果は少し残念でした。晴れていたら猫パラダイスだろうと推測はできますけどね。哲学の道が猫の道ではなく、哲学の道にあった喫茶店「若王子」付近が猫スポットということがわかりました。冷静に考えたら猫の道って私が思い込んでいましたね(笑)。イメージが膨らみすぎていました。

もし猫パラダイスに遭遇したとしても、餌とか与えたらだめですよ。慣れている猫だったので飼い主さんから餌をもらっているはずです。猫って本当は写真を撮ろうとしたら逃げていくくらいがちょうどいいんですけどね(笑)。餌を与えて写真を撮るのは邪道で、猫様のためにもよくないな~って思います。そこらへんが変なこだわりです。

猫好きが哲学の道を歩けばほかの予定に支障が出るかもしれませんね(笑)。それを覚悟で哲学の道に足を運んでみてくださいね。

☆ツジタケシSNS☆

ツイッター @nirlog_net

インスタグラム tsujitake6

ツジタケシFacebokページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です