【47旅沖縄県】沖縄旅をローコストで楽しむならレッドプラネット那覇沖縄がおすすめ

バックパッカーではないが、贅沢旅はしない。できないというのが本当のところだけどね(笑)。「どこかにいきたいなぁ」と閃いたら、車中泊かビジネスホテルを利用して旅に出る。ビジネスホテルも当日に決めることが多く、たまに予約ができずに焦るということもある。でもそれが楽しい。

今回もコストを抑えた宿泊をしている。想像以上に快適だったレッドプラネット那覇沖縄を紹介するよ。

レッドプラネット那覇沖縄

まずは公式サイトから引用。

レッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドは、2010年に設立され、アジアにおいて最も大きく、かつ急成長を続けるバリューホテル分野に焦点を合わせたホテル会社です。当社は、フィリピン、インドネシア、タイ、日本でホテルを所有・運営し、現在もアジアにおいて拡大し続けています。

レッドプラネットホテルズ公式サイト

タイのバンコクに本社があり、アジアに展開しているホテル。バリューを前面に押し出していることが私のスタイルにぴったり(笑)。無駄なサービスをそぎ落とし必要なものだけが残っている。ちなみに2017年には名古屋の錦、2018年にはセントレア近くにもできるそう。これは楽しみだね。

内装は日本の雰囲気からは大きく外れた、赤を中心としたスタイリッシュなデザイン。お風呂とトイレは分けられたセパレートタイプで快適。もちろんベッドの寝心地も抜群。フロントには日本人だけでなくアジア系のスタッフもいる。過度なサービスはないが、必要なときに必要なサービスをしっかりとしてくれる。この距離感が好きだ。

このことから海外の観光客も多いが、音などは全く気にならず静かに過ごすことができた。

なにかと便利な立地

ゆいレール(モノレール)の美栄橋駅から徒歩で3分くらいの立地で、どこに行くにも不自由がない。これが今回レッドプラネット那覇を選んだポイントのひとつだ。ゆいレールは那覇空港から直結しているのでレンタカーを借りる必要がない。那覇市内の観光は車があるとかえって不便だ。いちいちコインパーキングに入れていてはお金もかかるしね。

ちなみにレッドプラネット那覇の駐車料金は一泊1000円。タワー式の駐車場だが、フロントに頼めば何度でも出し入れは自由。私は1泊だけレンタカーを借り駐車場を利用した。

街の中心部に位置し、公共交通機関へのアクセスの良さ
無料ハイスピードWi-Fiと競争力のある料金の提供
定期メンテナンスと清潔な環境維持

レッドプラネットホテルズ公式サイト

もうひとつ引用。まさにこのコンセプトにあった立地だ。残りふたつのコンセプトもしっかりと実行されており、何不自由なく快適に過ごすことができるホテルだ。ちなみに先日紹介した居酒屋「や~じぐゎ~」も徒歩5分でいける。

【47旅沖縄県】那覇市の居酒屋「や~じぐゎ~」が居心地よすぎて2夜連続で行ってしまった話

朝食は別料金

残念なポイントは朝食をつけると少し値段が上がること。一階にレストランがあり、ここで朝食が用意されているが今回は利用していない。ビジネスホテルで食べる朝食の、味気無いビュッフェスタイルが好きなんだよねー。

しかしこの点も問題はない。なぜならおすすめのパン屋さんを発見したからだ。昔ながらの雰囲気があるパン屋さん「かめしまパン」だ。実は前日居酒屋「や~じぐゎ~」で飲んだ帰りに発見していた。シャッターはしまっていたが、その店構えから「こいつは絶対うまいな」と確信していた。翌日訪れてみたらドンのピシャ。やっぱりうまい。

亀島パン

住所: 〒900-0016 沖縄県那覇市前島2丁目10−10
電話:098-866-6754

レッドプラネット那覇近隣では、夜も朝も美味いものが食べることができる。朝食がなくてもなんの問題もない。リゾートホテルに泊まるのもいいが、無駄なものをそぎ落とし、自分で必要なものをプラスしていく。こういったことが可能なレッドプラネット那覇をぜひ一度利用してみてはどうだろう。最安で一人3000円台から宿泊することができる。

レッドプラネット那覇 宿泊情報&クチコミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です