【47旅沖縄県】定番沖縄観光スポット美ら海水族館は夕方からがお得

ここまでの沖縄旅は個人的な趣味が前面にでたスポットを紹介したが、今回は沖縄旅の定番スポット「美ら海水族館」を紹介しよう。規模的にはそこまで大きくないので、気軽にまわることができるね。

そこでおすすめなのが16時以降に入館すること。16時以降は入館料が割引になるのも嬉しいポイントだ。閉館は18時半(変動あり)なので16時以降に入館しても十分に楽しめる。

美ら海水族館は結構遠い

四国や九州と同じく、一言で「沖縄」とまとめて油断していると予定が狂う。ちなみに私も狂った(笑)。地図をみたイメージだと簡単に移動できると思ってしまうけど、那覇市から美ら海水族館海水族館は1時間半以上かかる。合わせて那覇市内は渋滞が多い。夏場だともっと混むだろう。余裕をもった移動時間が必要になるね。

沖縄美ら海水族館公式サイト

〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
0980-48-3748

おすすめなのは早い時間に那覇市を出発、数あるスポットを巡り、夕方に美ら海水族館へ到着するようなプランが無駄なく沖縄を楽しむことができるのではないかな。もちろん先日紹介した「道の駅かでな」でアメリカ空軍の戦闘機を見てもおもしろい。←しつこい(笑)。

【47旅沖縄県】そうだ!嘉手納基地を見に行こう!

海洋博公園で一日楽しむ

美ら海水族館の名前が先行しているが、実は美ら海水族館は「海洋博公園内」にある。海洋博公園には「おきなわ郷土村」「おもろ植物園」「海洋文化館」「プラネタリウム」「広場・休憩施設」「エメラルドビーチ」「海岸遊歩道」など多くの施設が集まっている。

はっきりいって海洋博公園だけで半日以上遊べてしまう。特にお子様がいるファミリーは海洋博公園だけで十分だ。夕方まで遊んで美ら海水族館へお得に入館。何度か沖縄に訪れているなら、ゆっくりとこんなプランでもいいんじゃないかな。

海洋博公園公式サイト

観光スポットを捨てる勇気

「せっかく来たから」と詰め込みすぎると、それぞれのスポットの内容が薄れてしまう。先にも書いたが沖縄では、地味に移動時間が必要。すべてのスポットを巡ろうとすると「巡ることだけ」が目的になってしまうよね。

いくら有名なスポットだからといって無理に巡っていては、記憶に焼きつく風景も残らない。それよりも観光スポットを捨てる勇気をもち、ひとつの場所に沢山の時間を使うことで鮮明に記憶が残る。地元の人と話をしたりするのもいいよね。「あんな人がいたなぁ、また会いたいな」は観光ガイドには掲載できない素敵な思い出になるよね。

海外に行くときも同じ。「せっかく来たのだから」は旅する時には封印しておきたいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です