少しだけ楽しくなるコツは、少しだけ自分の枠からはみ出す勇気を持つこと

大きな喜びや幸せに囚われると心を壊す。別に大きくなくても十分生きていける。小さな幸せをコツコツと。なんだかんだでこれに限る。そんな小さな幸せの隣にいつもいるのが「楽しい」という感情だよね。

少しだけ楽しくなれば、小さな幸せにありつける。つまり小さな幸せを手に入れたければ、少しだけ楽しくなればいいだけ。簡単だよね。手っ取り早いのは少しだけ自分の枠からはみ出たらいい。脳に刺激を与えてやろう。

知らない人に声をかける楽しみ

人との関りが億劫とかよく書くけど、実は知らない人には強い。インスタには猫ばかりをアップしているが、実は人も沢山撮っている。ガンガン声をかけて撮らせてもらうんだけど、これが結構楽しい。

インスタグラム tsujitake6

知らない人に声をかけるってなかなか日常生活ではない。普通に暮らしていたら、知っている人とばかり話をすることになるからねー。これって自分にとって、少しだけ自分の枠からはみ出すことに繋がっているんだよね。

いつもと違う違和感

普通に生活をしていたら、やらなくてもいいことをあえてやってみる。いつもとは違った「違和感」の中に楽しいことは隠れている。

  • いつもなら買わない服
  • いつもなら聴かない音楽
  • いつもなら読まない本
  • いつもとは違うラーメン屋
  • いつもとは違う道

これらを選択するということも、少しだけ自分の枠からはみ出すこと。いつもの自分ならしない新しいことだから。

もちろんつまらないかもしれないし、失敗するかもしれない。でもこれくらいの失敗で楽しいことと出会えるなら安いものだよね。いつもと同じことを繰り返していると新しいことには出会えない。いつも繰り返されることに脳は慣れてしまって「楽しい」という感情を麻痺させてしまう。

脳に自分の枠から少しはみ出したことをぶつけてみる。ぜひこれやってみてほしい。少しだけ楽しくなるから。

☆今日の一枚

新宮市 巡回

☆ツジタケシSNS☆

ブログ NIRLOG.NET

ツイッター @nirlog_net

インスタグラム tsujitake6

ツジタケシFacebokページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です