【47旅和歌山県】熊野古道「大門坂」を歩いて那智の滝を目指す

旅ってほどではないんだけどね。最近あきらかに運動不足を感じる。ということで今日は世界遺産熊野古道の大門坂を歩き、那智大社、那智の滝を巡ってきた。オフシーズンなのか貸し切り状態で、思う存分神聖な空気を感じながら歩くことができた。

世界遺産熊野古道「大門坂」

那智大社や那智の滝には何度か訪れたことがあるが、大門坂を歩くのは今回が初めて。和歌山県南紀エリアに移住をして2年が過ぎたっていうのにね。那智の滝付近には有料の駐車場がある。しかし大門坂入り口にある駐車場は無料。これは嬉しい。

海外からの観光客のバスが一台止まっていたが、ちょうど帰るタイミングだったようだ。駐車場から大門坂入り口までは3分くらいかな。運動不足の体に喝を入れるべく散策スタート。

石畳が敷き詰められた足元と、樹齢を重ねている木々に囲まれた道。この空気が素晴らしい。那智大社までは上りの石段が続く。距離自体は大したことはないのだが、この石段がなかなかハード。歩きやすい靴で訪れたほうがいい。那智大社までは30分~40分ほどかかったかな。

那智駅から歩く人も多くいる。こちらは距離が7キロくらいで少し気合を入れなければいけないね。ちなみに大門坂までは紀伊勝浦駅からもバスが出ているので、今回の私のように「軽く歩いてみたいな」という人も気軽に足を運ぶことができる。

落差133m那智の滝

落差133mの那智の滝は日本3大名滝のひとつ。いつもなら多くの人で賑わっているのだが、こちらも貸し切り状態。冬場の平日はこうなのかもしれない。那智大社付近のお店もほとんどやっていなかったしね。

まぁ観光客が少ないほうが私にとってはありがたい。マイペースで動けるのは気楽でいいね。今回は有料だが滝の近くまで行ってみた。滝の水しぶきできれいな虹がでている。やはり近くでみると迫力が違う。しかも誰もいない。得した気分だ。

観光客で賑わっているのが苦手なら、冬の平日に行くのがおすすめかもしれない。ぜひ熊野古道「大門坂」と那智の滝の落差を体感してもらいたい。

※運動不足の人にもおすすめ。筋肉痛は覚悟しておこう。

今回の熊野古道「大門坂」と「那智の滝」の写真はFacebookページにアップしている。ぜひページに「いいね」をしていただけると幸いだ。

ツジタケシFacebokページ

☆今日の一枚

熊野古道「大門坂」

☆ツジタケシSNS☆

ブログ NIRLOG.NET

ツイッター @nirlog_net

インスタグラム tsujitake6

ツジタケシFacebokページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です